スポンサードサーチ

Yoast SEOとは

このプラグインは、ワードプレスで作ったサイトにSNSの設定・XMLマップ・RSSフィード・パンくずリスト・タグなど細かくSEO対策を設定することができるプラグインです。

GoogleBingなどいろいろな検索サイトで上位に表示されることも増えます。

また、「All in one SEO」と比較されることも多いですが、機能的には同じようなことができますのでお好みでどちらか設定するようにしてください!(Yoast SEOの方が初心者でも設定が簡単です)

これから「Yoast SEO」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Yoast SEOのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここにYoast SEOと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとYoast SEOを使うことができます。

Yoast SEOの設定について

Generalについて

ダッシュボード画面の左メニューにSEOの項目が追加されます。

マウスカーソルを合わせ、Dashboardをクリックしてください。

Dashboarldが表示されたらGeneralタブをクリックします。

赤枠のOpen The Configuration Wizardをクリックします。

プラグインに関する設定です。

赤枠のCONFIGURE YOAST SEO→をクリックします。

ここでは、ウェブサイトの環境を設定します。

環境ですが、赤丸のところをクリックして、チェックしてください。

上からProductionウェブサイトを作ったという意味です。

Stagingはウェブサイトwp作っている途中という意味です。

Deveropmentはウェブサイトの開発段階という意味です。

【次へ】をクリックします。

ワードプレスで作ったウェブサイトの種類です。

当てはまるものを選んでください。

今回はブログメインというのもあり、Blogをクリックし、チェックをいれました。

  • Webshopはショッピングをメインにしたウェブサイトサイトです。
  • News siteはニュースをメインにしたウェブサイトです。
  • Small business siteは小規模の企業のウェブサイトです。
  • Other personal siteはその他の企業のウェブサイトです。
  • Other personal siteは個人のウェブサイトです。Blogではなく、Other personal siteでも問題はありません。固定ページが多いウェブサイトの場合はBlogにする必要はありません。

ウェブサイトを個人で運用しているか、会社で運用しているかの設定です。

会社の場合はCompanyにチェックをいれます。

会社の場合は、会社で使用しているロゴのアップロードや会社名など入力します。

個人で行うためPersonalにしています。

名前を入力します。

記入したら、【次へ】をクリックしてください。

SNSのアカウントをお持ちの方は、使用しているSNSURLを入力します。

SNSとの連携により、記事が書かれたときに多くの方に拡散できます。

アカウントを持っていない場合には記入しなくていいです。

【次へ】をクリックします。

投稿ページ・固定ページ・メディアを表示するかどうかを設定します。

こちらはお好みで定してください。

Visibleは表示で、Hiddenは隠すという意味です。

設定が終わった【次へ】をクリックします。

複数人でウェブサイトを書いている場合には、Yesにチェックしてください。

一人で書いいる場合はNoにチェックしてください。

設定が終わったら【次へ】をクリックします。

Googleサーチコンソールにウェブサイトを認証させます。

Google認証コードを取得する】をクリックすると、新たに画面が表示されます。

Googleウェブサイトを登録するのは当たり前になってきていますので、Googleのアカウントを取った方がいいです。

アカウントを登録するのが嫌な場合には、登録する必要はありません。

Googleアカウントを持っている場合には、【許可】をクリックし、Googleの認証コードを入力し、【認証】をクリックします。

確認できたら、【次へ】クリックします。

ウェブサイトが検索された時の表示です。

記事タイトルとウェブサイト名に入る記号を選ます。

選んだら、【次へ】をクリックします。

プラグインの情報などをメールで受け取るための設定です。入力しなくてもいいです。

SEOは日々変化しています。お好みで設定してください。

設定したら【次へ】をクリックします。

この画面では、何もしなくていいです。

課金する場合の説明です。【次へ】をクリックします。

以上でGeneralの設定が成功しました。【閉じる】をクリックします。

Featuresについて

Featuresのタブをクリックします。

プラグインの機能を設定します。

  • ①は、ブログの読みやすさの解析をするかどうかですお好みで設定してください。
  • ②は、ブログのキーワードの解析をするかどうかです。お好みで設定してください。
  • ③は、高度な設定をするかどうかです。
  • ④は、検索エンジンに毎日チェックし、検索エンジンに設定されていない場合に通知するかです。日本語には対応していないため、Disableでもいいです。
  • ⑤ダッシュボード画面にメニューを作るかどうかです。お好みで設定してください。
  • ⑥基礎となるコンテンツを表示するかどうかです。お好みで設定してください。

設定が終わったらSave changesをクリックします。

その他のタブは、最初で設定していますので、何もしなくていいです。

Securityのタブだけ少し違います。

全てのユーザー(記事を書く人)がこのプラグインの設定を変更できるようにするかどうかです。

設定を変えられたら困る場合には、デフォルトのDisableのままでいいです。

Titles & Metasについて

ダッシュボード画面の左メニューのSEOをクリックすると、Title & Metasが左メニューに表示されます。

Title & Metasをクリックします。

GeneralHomepageのタブは一番最初に設定をしたので省略します。

他の設定もやっていますが確認するために設定を行います。

Post Typeについて

投稿の設定の確認と設定をします。Post Typeのタブをクリックします。

ブログ記事の投稿・固定ページ・メディアなど、検索エンジンに表示させるように、Meta RobotsIndexを選んでください。

できれば日付Yoast SEO Meta BoxShowにしてください。

設定したら、Save changesをクリックしてください。

Taxonomies(タクソノミー)について

タクソノミーというのは、カスタム投稿です。

通常の投稿ではないため、全てインテックスしないように、そしてMeta BoxHideにしてください。

設定が終わったらSave changesをクリックします。

Archivesはアーカイブです。設定の必要はありません。

Otherについて

その他の設定です。

Subpages of archivesは先ほどと同じで必要ありません。

noindexに設定してください。

設定が終わったら、Save changesをクリックします。

SocialXML Sitemaps Serch Consoleについて

左メニューにあります。それぞれクリックしてください。

一番最初にSNSGoogleサーチコンソールの設定しました。

念のため確認してください。

間違いがあれば正しく入力し、Save changesをクリックします。

この設定により、検索エンジンやSNSにより拡散され、SEO対策できます。

Advancedについて

左メニューのAdvanceをクリックします。

breadcrumbsについて

breadcrumbsのタブをクリックします。

こちらは【パンくずリスト】と言われるものです。

パンくずリストというのは、閲覧者がウェブサイトのどこを見ているかを分かりやすくしたものです。

ホーム>○○について>△△とは

のように表示します。

赤枠で囲った部分をEnableに設定し、Save changesをクリックしてください。

Permalinksについて

Permalinksのタブをクリックします。

パーマリンクの設定をします。削除など調整をします。

変更しなくていいです。

お好みで変更してください。

変更したらSave changesをクリックします。

RSSについて

RSSとは、Rich Site Summaryの略です。

ブログ記事を更新したときに、実際にブログサイトを見ることをせずに、ブログ記事が更新されたとお知らせしてくれる機能です。

RSSに表示される文章を入力をします。

入力したらSave changesをクリックします。

記事投稿について

実際に記事を書きました。

画面下にReadabilityEnter your forcus keywordのタブがあります。

SEO対策の評価をしてくれます。Readabilityのタブをクリックします。

読みやすさの評価です。

Enter your forcus keywordのタブをクリックします。

Forcus Keywordにキーワードを入力します。

キーワードを設定した場合の評価が表示されます。

文字を少なめにしていますので、全ていい訳ではないですが参考にされた方がいいです。

項目は多いですが、全て当てはまるように書く必要はありません。

参考程度に見ながら記事を書いた方がいいです。

以上、「Yoast SEO」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Yoast SEO」のインストール方法や設定方法について解説しました。

ブログやサイトを運営している方にとってSNSなどのアクセスが増えてきているとはいえ、SEO(検索)からの流入はやはり重要です。

通常はHTMLなどを自分で書き換えて対策していくところをこういったプラグインを使うことで誰でも容易に設定することができますので、ブログのアクセスを上げたい方はぜひ忘れずに設定するようにしてください!

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPress, プラグインの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事