スポンサーリンク

Yet Another Related Posts Pluginとは

Yet Another Related Posts Pluginは、記事投稿をしたときに、関連記事を表示してくれるプラグインです。

関連記事を表示することにより、ユーザーの記事の閲覧時間が長くなる傾向にあります。

また、関連度も調整できるのでより関連度の高い記事だけ出すような事も可能です。

これから「Yet Another Related Posts Plugin」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Yet Another Related Posts Pluginのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Yet Another Related Posts Pluginと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとYet Another Related Posts Pluginを使うことができます。

Yet Another Related Posts Pluginの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせYARPPをクリックします。

現在カテゴリーとタグを設定していますが、設定しているタグとカテゴリーが表示されます。

関連記事に表示したくない項目をクリックし、チェックを入れてください。

赤枠のタイトル内容の設定ができないため、画面上部のリンクから使用できるように変えることができます。

【検討しない】でも問題はありません。

変えたい場合には以下のようにします。

赤枠をクリックします。

赤枠1番のALTER TABLE `wp_post` ENGINE = MyISAM;MySQLのデータベースに入力します。

サーバー側の設定をしなくてもいいのですが、その場合には関連スコアを1など低くしないといけません。

低いから悪いということはありません。

記事を書いたときに関連記事とのマッチングが増えるだけです。

レンタルサーバーによって、この作業ができるところとできないところがあります。

phpMyAdminにログインします

ALTER TABLE `wp_post` ENGINE = MyISAM;】を入力し、【実行】をクリックします。

2番をクリックすると、タイトルと内容の設定ができます。

表示設定です。

関連記事をどの範囲まで表示するかなど、お好みで設定してください。

赤枠で囲ったところですが、日本語で表示するために文字を変えました。

こちらもお好みで設定してください。

最後に【変更を保存】をクリックします。

Yet Another Related Posts Pluginの実際の表示について

実際にウェブサイトを見てみます。

この投稿記事ですが、記事を書き、改行を挿入しています。

改行を入れないと見づらくなってしまいます。

1行か2行くらい開けていれば問題ありません。

こちらはリスト表示です。

こちらはサムネイルでの表示です。

アイキャッチ画像を設定しておくと見た目が良くなります。

ウェブサイトの運営で、いろんな記事を読んでもらいたい場合には、プラグインのインストールをおすすめします。

以上、「Yet Another Related Posts Plugin」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Yet Another Related Posts Plugin」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Yet Another Related Posts Pluginを設定する事で、記事投稿をしたときに、関連記事を表示してくれますし、関連記事を表示することにより、ユーザーの記事の回遊率が上がり、閲覧時間が長くなる傾向にあります。

最近の WPテーマだとすでに関連記事が表示されるようになっているテーマも多いですが、サイトのPVをあげていきたい方はぜひ設定して使ってみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク