スポンサーリンク

WP to Twitterとは

このプラグインは、ワードプレスで作ったウェブサイトとTwitterを連携させ、投稿記事を拡散するように設定します。

投稿記事は自動でTwitterと連動するため、フォロアー数が多ければ多いほど拡散されSEOに有利です。

ご自身のTwitterアカウントが必要ですので、Twitterで情報発信をやっていて、ワードプレスでも記事を書いている方向けのプラグインです。

これから「WP to Twitter」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

WP to Twitterのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、WP to Twitterと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとWP to Twitterを使うことができます。

WP to Twitterの設定について

ダッシュボード画面の左メニューにWP to Twitterという項目ができますので、クリックします。

画面赤枠のTwitterアプリケーション登録ページ】をクリックします。

Twitterとワードプレスを連携させるために電話番号もしくはユーザー名またはメールアドレスを入力します。

パスワードを入力し、ログインします。

ログインすると、Application detailsの画面が表示されます。

  • Nameはアプリケーションの名前を入力します。分かりやすい名前でいいです。
  • Descriptionは、アプリケーションの概要を入力します。
  • Websiteはワードプレスで作ったウェブサイトのURLを入力します。
  • Callback URLはワードプレスで作ったウェブサイトのURLを入力します。

画面下へいき、同意します。

先ほどの画面に戻ります。

API KeyAccess Tokenのところを赤枠にしていますので、Twitterの設定で出てきた、API KeyAccess Tokenのところを入力します。

入力が終わったら、Twitterと連携】をクリックします。

Basic Settingsのタブをクリックします。

赤枠のところは、お好みで入力してください。

終わったら、【基本設定を保存】をクリックします。

設定はこれで終わりです。

補足

ブログ記事を実際に書くときに、新規投稿をします。画面右に表示されます。

Twitterと連携しているので、お好みで書いて【つぶやく】をクリックしてください。

これは、必須ではありませんので、やってみたい方は行ってください。

以上、「WP to Twitter」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「WP to Twitter」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Twitterで情報発信を行っている方は記事が更新されるたびに自動的にTwitterに連動して発信を行うことができます。

ぜひTwitterを使っていてブログと連動させたい方は使ってみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク