ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」




WP Total Hacksとは

WP Total Hacks」は、ワードプレスで作られたサイトの表示や設定をカスタマイズすることができるプラグインです。

ワードプレスのログイン画面を変えたり、リビジョンの表示数を削除できます。

プラグインの設定により、自分好みのダッシュボードに変更できますのでダッシュボードをカスタマイズしたい方にオススメです。

これから「WP Total Hacks」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

WP Total Hacksのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、WP Total Hacksと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとWP Total Hacksを使うことができます。

WP Total Hacksの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせWP Total Hacksをクリックします。

サイト設定について

  • ①は、ファビコンの設定です。ウェブサイトのアイコンです。ワードプレスでの使い方が難しいという場合にはお使いください。大きさは16×16など正方形がいいです。
  • ②は、iPhoneなどのiOSで利用する場合のアイコンを設定します。
  • ③は、メールから記事の投稿をしない場合に、余計なタグを削除します。メールから投稿しない場合には、設定しておくといいです。
  • ④は、ワードプレスのバージョンの情報を削除します。余計なコードは削除したいという方は削除してください。セキュリティを考えると削除したほうがいいです。
  • ⑤は、投稿記事の「続きを読む」などの#moreアンカーを削除できます。テーマによりますが、#moreを使っていることがありますので、確認することをおすすめします。
  • ⑥は、記事をトップページなどに表示したり、記事を1つのページでまとめて表示するときに使います。テーマによりますが、ある文字数を超えた場合は文章を抜粋し「」と表示されます。これを削除しますが、テーマを確認して納得してから設定をしてください。
  • ⑦は、ピンバック(トラックバック)を拒否できます。
  • ⑧は、ワードプレスでのコードを入力しなくても、Google Analyticsのコードを入力すると使用できます。
  • ⑨は、Googleなどのウェブマスターツールの認証コードを入力できます。

最後に【変更を保存】をクリックします。

投稿&ページについて

  • ⑪は、メタボックスを削除できます。サイドバーなどにメタボックスを入れておくと、セキュリティのトラブルが出る場合があります。表示しないようにしたほうがいいです。
  • ⑫は、⑪と同じですが、ページなので固定ページのことです。
  • ⑬は、リビジョンの保存を設定します。多いとウェブサイトの表示が遅くなるため、2などの適度な数字にします。
  • ⑭は、ピンバック(トラックバック)を停止させます。
  • ⑮は、公開したページの子ページを作ることができません。子ページを作るようにさせます。

最後に【変更を保存】をクリックします。

外観について

  • ⑯は、ワードプレスのログイン画面のロゴを変えます。複数のウェブサイトを管理していたり、複数人でウェブサイトを運営している場合、分かりやすくするためです。
  • ⑰⑱は、文字通りで、⑯と同じです。

【変更を保存】をクリックします。

その他について

  • ⑲は、ダッシュボード画面にある、ウィジェットの項目を無効にします。
  • ⑳は、テキストのウィジェットでショートコードが使えないため、使えるようにします。
  • ㉑は、YouTubeなどメディアのコードをテキストのウィジェットでも使えるようにします。
  • ㉒は、編集者権限の場合、管理者よりできることが少ないです。そのためある程度のウェブサイトを変えることができるように権限をつけます。
  • ㉓は、メールアドレスをこのプラグインからも変えることができます。
  • ㉔は、連絡先を削除します。複数人でウェブサイトを運用する場合に見せないように連絡先を削除します。
  • ㉕は、管理者ではない人にワードプレスのアップデートの通知を停止します。

【変更を保存】をクリックします。

以上、「WP Total Hacks」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「WP Total Hacks」のインストール方法や設定方法について解説しました。

サイト運営者にとって欲しい機能と正直あまり必要がない機能もありますが、「WP Total Hacks」を設定する事である程度すっきりさせることができます。

必要でないものを表示させたくない場合や、使いやすいように変えることができますので、ぜひ「WP Total Hacks」をインストールして使ってみてください。

スポンサーリンク





あなたの”学び”につながったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

普段はIT企業でメディア運営やセミナー講師の仕事をしている"コーディングもできるWEBマーケター"。アラサーで2児の父。基本的になんでも自分でやりたい人。2015年3月までITスキルがほぼ0だったが、そこから自身がWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、結果手取り月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを考えている方にはまずはITスキルを勉強することを強く推奨している。