スポンサーリンク

WP Social Bookmarking Lightとは

このプラグインは、ソーシャルネットワークでクリックされシェアされることにより、投稿記事が拡散されることにより、ウェブサイトの投稿記事の注目度があがりますし、結果としてSEO効果が期待されます。

設定自体も簡単ですのでアクセスアップを考える場合には、ぜひともインストールしておきたいプラグインです。

これから「WP Social Bookmarking Lightのインストール方法や設定方法について解説していきます。

WP Social Bookmarking Lightのインストールについて

WP Social Bookmarking Lightのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、「WP Social Bookmarking Light」と入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでWP Social Bookmarking Lightを使うことができます。

WP Social Bookmarking Lightの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせると、WP Social Bookmarking Lightが表示されます。

クリックします。

一般設定について

【一般設定の】タブが最初にありますので、そこから設定します。

  • 【位置】:ウェブページのどこにソーシャルボタンを置くかです。

TOPは記事の上、Bottomは記事の下、Bothは記事の上下、Noneは自分で設定です。

こちらはお好みで設定してください。

  • 【個別記事のみ】【ページ】:個別記事は通常のブログ記事です。

ページは固定ページです。

こちらは、お好みで設定してください。

  • 【サービス】は右側からドラッグして左側に入れます。

どのソーシャルネットワークサービスを追加したいかです。

こちらもお好みで設定してください。

設定が終わったら【設定を保存】をクリックしてください。

これだけでも十分ですが、Styleをクリックします。

Styleについて

こちらはカスタムCSSですので、設置する所にコピーして、貼り付ければ問題ありません。

TwitterHatenaFBなどのタブ】【一般設定】で、どのソーシャルネットワークサービスを使うかにより、増えたり減ったりします。

アカウントを持っている方は入力してください。

アカウントを持っていない場合には何もしなくて良いです。

設定が終わったら【変更を保存】をクリックしてください。

設定はこれで終わりです。

実際の動作について

テスト環境にて、こちらのソーシャルネットワークサービスのボタンだけ設置しました。

どのようになるかを実際に公開したいと思います。

最初からあるサンプルページで表示させてみました。

実際にこの赤枠のように表示されます。

以上、Theme Test Driveのインストール方法と設定の説明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「WP Social Bookmarking Lightのインストール方法や設定方法について解説しました。

SNSでシェアされるとアクセス数が増えるのはもちろんですが、SEO的にも効果があると言われています。(Googleは特に関係ないと言っていますが、経験則としてFacebookでシェア数が多い記事は上位表示されやすい印象です)

もともとテーマとしてSNSシェア機能がある場合は必要ありませんが、記事上や記事下にシェアボタンがないテーマを使用する場合は、ぜひ「WP Social Bookmarking Light」を設定して、ユーザーが SNSでシェアできる環境を構築しましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク