スポンサーリンク

WP Media Category Managementとは

このプラグインは、メディアをカテゴリー別で分類できます。

ブログ投稿記事が多くなると、メディアの画像ファイルも多くなってしまいます。

投稿記事によっては、アイキャッチ画像を統一している人もいると思いますが、カテゴリー別にすることで、探しやすくなるというメリットがあります。

使用している画像ファイルが多くてメディアで探すのが大変な方は、ぜひインストールしてみてください。

これから「WP Media Category Management」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

WP Media Category Managementのインストールについて

WP Media Category Managementのインストール方法

ダッシュボード画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

プラグインの検索.jpg

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、WP Media Category Managementと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックするとWP Media Category Managementを使うことができます。

WP Media Category Managementの使い方について

ダッシュボードの左メニューにWP MCMにマウスカーソルを合わせると、MCM SettingsMCM Shortcodes2つが出てきます。

デフォルトでいいです。

  • MCM Settingsは、カテゴリーの決め方をどうするかです。リストにするかなどの設定ですが、設定を変えなくていいです。
  • MCM Shortcodesは、このプラグインのショートコードの記述説明が記載されています。

ダッシュボードの左メニュの【メディア】にマウスカーソルを合わせ、MCM Categoriesをクリックします。

カテゴリーの追加を行います。

  • 【名前】は、カテゴリーの名前を記入します。メディアを使う時の画面で表示される名前なので、お好みでいいです。
  • 【スラッグ】の設定をします。説明は、記入してもいいですし、そのままでもいいです。分かりやすいように記入しました。

終わったらAdd New MCM Categoryをクリックします。

いくつ作るかですが、お好みで作ってください。今回は1種類にします。

画面右側にカテゴリーが作られました。

この画面で左メニューの【ライブラリ】をクリックします。

カテゴリーに入れたい画像にチェックを入れます。

【一括操作】のところをクリックすると先ほど設定したカテゴリーが出てきます。

選んで【適用】ボタンをクリックします。

MCM Categorysのところにカテゴリーの名前が付きました。

カテゴリーから削除する場合には、画像を選びます。

同じようにカテゴリー名を選び【適用】ボタンをクリックします。

以上、「WP Media Category Management」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「WP Media Category Management」のインストール方法や設定方法について解説しました。

投稿記事によっては、アイキャッチ画像を統一している人もいると思いますが、カテゴリー別にすることで、探しやすくなるというメリットがあります。

使用している画像ファイルが多くてメディアで探すのが大変な方は、ぜひインストールして使ってみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク