スポンサードサーチ

WP Fastest Cacheとは

このプラグインは、ワードプレスで作ったウェブサイトのキャッシュを削除してくれるものです。

投稿時に記事情報が自動保存されたり、なんども書き直したりした場合は、キャッシュが多くなり、サイトの表示が遅くなることがあります。

表示が遅いサイトはユーザーにとって苦痛になってしまいますし、表示が遅いとサイトを見るのをやめようと思われる可能性があります。

このプラグインは、少しでもウェブサイトの表示速度を早くし、いろんな方が快適に見ていただけるようにするためのプラグインです。

キャッシュのプラグインはサーバーとの相性の問題がどうしてもついてきます。

万が一、エラーになった時の説明もしますので、万が一エラーが出た場合には落ち着いて作業してください。

(バックアップは必ず取っておいたほうがいいです)

これから「WP Fastest Cache」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

WP Fastest Cacheのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、WP Fastest Cacheと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとWP Fastest Cacheを使うことができます。

WP Fastest Cacheの設定について

プラグインをインストールして【有効化】すると、ダッシュボード画面の左メニューにWP Fastest Cacheをいうアイコンができます。このアイコンをクリックしてください。

WP Fastest Cacheの設定について

画面の下へ移動すると言語の設定ができます。英語でもいいのですが、【日本語】を選択し日本語で設定をします。

日本語を選んでSubmitをクリックします。

  • ①~⑫まで全部クリックしてチェックを入れます。
  • ①はウェブサイトのキャッシュを作るので必ずチェックを入れます。
  • Preloadにチェックを入れた場合には、新たに画面が出てきます。

ウェブサイトを見てくださる方々に対しあらかじめキャッシュを作り表示速度を上げるものです。

全てチェックをしOKをクリックしてください。

  • ③ワードプレスにログインしている人に対してキャッシュを表示するかどうかです。
  • ④モバイル端末からウェブサイトにアクセスしてきたユーザーにキャッシュを表示するかどうかです。
  • ⑤新しい投稿にチェックを入れると次のような画面が表示されます。

Clear All Casheは全てのキャッシュを削除します。

下の段はトップページ・カテゴリ・タグのキャッシュを削除します。

選んでOKをクリックします。この場合は、上段がいいです。

  • ⑥投稿記事や固定ページを更新したときのキャッシュを削除するかどうかです。

クリックすると以下の画面が出ます。

記事と固定ページの更新なので、全てのキャッシュを削除する必要はありません。

下の段の記事・固定ページ・カテゴリ・タグ・トップページにチェックを入れ、OKをクリックします。

  • HTMLのソースの無駄なスペースなどを削除します。
  • CSSのソースの無駄なスペースなどを削除します。
  • ⑨いろんなCSSを読み込んでいますが、それを一緒にしてファイルの数を減らします。
  • JavaScriptファイルを一緒にして少なくします。場合によりJavaScriptが動かなくことがありますので注意が必要です。
  • ⑪サーバーから送られてくるHTMLCSSJavaScriptなどをサーバー上で圧縮し、転送するのでウェブサイトの表示が早くなります。
  • ⑫ブラウザのキャッシュを使って表示時間を速くする効果があります。

以上の設定が終わったら【変更を保存】をクリックします。

キャッシュの削除

キャッシュの削除タブは手動で削除します。

  • ①現在のすべてのキャッシュを削除します。
  • ②すべてのキャッシュに加え、CSSの圧縮とJavaScriptファイルを削除します。

またプラグインを有効にするとダッシュボード画面上部にWPFCのアイコンができます。

アイコンをクリックしても同じことができます。

キャッシュの有効期限

  • Add New Ruleをクリックします。新たに画面が表示されます。If REQUEST_URI【全て】 にします。下の段はキャッシュを削除する期限を決めます。あまり細かく設定をするとかえってサーバーに負担がかかりますのでブログ投稿頻度に合わせた方がいいです。設定が終わったらSAVEをクリックします。
  • 【画像の最適化】は有料のみです。また【プレミアム】は有料の契約をするところです。
  • 【除外する】は、キャッシュを無効にする場合に設定します。デフォルトでいいです。
  • CDNCDNサービスを利用し、巨大な別サーバーに置くことでサーバーの負担を減らすことができます。サービスを利用している方は設定してください。
  • DBはデーターベースのキャッシュ削除です。有料版です。

サーバートラブル時の対処方法

多くの場合、サーバーエラーにより、500エラーが表示されます。

これはInternal Sever Errorです。

この状態では、ダッシュボード画面も表示されません。管理画面などから操作します。

サーバーにインストールした.htaccessファイルの一部を削除することにより解決します。

サーバー会社により変わってきますが、ほぼ同じことを行えば改善します。

.htaccessの編集をします。

赤の矢印である、# BEGIN WpFastestCacheから

赤矢印の# END LBCWpFasterCacheまで削除し、保存します。

これによりダッシュボード画面の表示が出ます。

ダッシュボード画面の左メニューの【プラグイン】をクリックします。

ワードプレスにインストールされているプラグインが表示されます。

WP Fastest Cache【停止】【削除】してください。

これでプラグインのアンインストールができます。

トラブル時には焦らずに落ち着いて対処してください。

以上、「WP Fastest Cache」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「WP Fastest Cache」のインストール方法や設定方法について解説しました。

情報が多い今の時代、表示が遅いサイトはユーザーの離脱につながる可能性が高いので、表示速度を高めるためにこういったキャッシュ系のプラグインは非常に有効です。

ただし、キャッシュ系のプラグインはサーバーや他のプラグインの干渉などで不具合が生じる可能性があります。

使用する場合は必ずバックアップを取り、万が一に備えてから使用するようにしてくださいね。

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPress, プラグインの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事