スポンサーリンク

WP-DBManagerとは

このプラグインは、ワードプレスのデータベースを最適化します。

またデータベースのバックアップもできますし、自動で最適化を行ってくれます。

データベースが多くなればなるほど、サーバーからの読み込み時間が長くなり、表示スピードが遅くなりますし、表示スピードが遅くなれば、見てくれるユーザーが減ることもあります。

まれに、サーバーにより.htaccessが書き換えられ表示されなくなることがありますので、セキュリティーの問題からもバックアップはしておいた方がいいでしょう。

これからWP-DBManagerのインストール方法や設定方法について解説していきます。

WP-DBManagerのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。ここに、WP-DBManagerと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとWP-DBManagerを使うことができます。

WP-DBManagerの設定について

プラグインをインストールして【有効化】すると、ダッシュボード画面の左メニューのBackup DBをクリックします。

画面中段にAutomatic Schedulingがあります。

自動でバックアップする設定を行います。

デフォルトでいいです。

WP-DBManagerの設定と使い方

左メニューのBackup DBをクリックします。

Gzipで圧縮したい場合のみYesをクリックして、Backupボタンをクリックします。

バックアップができます。

  • Manage Backup DBは、バックアップしたデータベースを表示します。
  • Optimize DBは、データベースの最適化をします。頻度は月に1回くらいでいいです。最適化する場合には、全てYesになっていますので、画面の一番下のOptimizeをクリックします。
  • Repair DBは、データベースの復元です。修復したいところを【Yes】にし、画面一番下のRepairをクリックします。
  • Empty/Drop Tablesは、データベースの削除を行うところなので使用しないでください。
  • Run SQL Qieryは、SQL構文を操作します。使用しないことが多いため何もしなくていいです。

以上、WP-DBManagerの解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、WP-DBManagerのインストール方法や設定方法について解説しました。

データベースが多くなればなるほど、サーバーからの読み込み時間が長くなり、表示スピードが遅くなりますし、表示スピードが遅くなれば、見てくれるユーザーが減ることもあります。

まれに、サーバーにより.htaccessが書き換えられ表示されなくなることがありますので、セキュリティーの問題からも必ずバックアップはしてから使用するようにしてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク