スポンサーリンク

WP Custom Noindex Nofollowとは

このプラグインは、ワードプレスで必要のないカテゴリーやタグ、そして記事を検索エンジン(GoogleYahoo!)にインデックスさせないようにするためのプラグインです。

検索エンジンに評価されるためには何かのジャンルに特化したウェブサイトを作るのが効率が良いとされていますが、時にはサイトの趣旨から外れてしまう記事を書きたいこともあるかと思います。(僕は無性にどうでも良い内容の記事を書きたくなることがありますw

しかし、特化したジャンル以外の記事で内容の薄い記事がサイト内にあると、検索エンジンの評価が落ちることがあります。

そこで、「WP Custom Noindex Nofollow」は検索エンジンからの評価が落ちないように、11つ検索エンジンに載せないように設定するためのプラグインです。

今のところ、11つ設定できるのはこのプラグインだけなので、必要な方はお使いください。

では、これから「WP Custom Noindex Nofollow」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

WP Custom Noindex Nofollowのインストール方法

WordPressの公式プラグインではないので、以下のURLからダウンロードします。

https://worklog.be/wp-content/uploads/2017/02/wp-custom-noindex-nofollow.zip

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

赤枠で囲った【プラグインのアップロード】をクリックします。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックすると、WP Custom Noindex Nofollow を使うことができます。

WP Custom Noindex Nofollowの設定について

全体の設定について

ダッシュボード画面の左メニューのNoindex Nofollowをクリックします。

全体を設定する画面です。

左側はどの項目をインデックスしないかをチェックします。

右側は設定の削除をします。

プラグインのアンインストールをするときだけ利用してください。

全体でインデックスしないように404ページだけ有効にしていますが、お好みで設定してください。

全体なのでなるべく1つずつ対応した方がいいです。

チェックしたら【設定】をクリックします。

アンインストールの場合は【削除】をクリックします。

個々の設定について

既に投稿した記事や新規で投稿する記事または固定ページで、赤枠の表示が出てきます。

noindexはインデックスしません。nofollowはリンクしないという意味です。

この2つですが、インデックスさせたくない方を選びます。

【投稿】または【更新】をクリックします。

カテゴリーの設定です。

インデックスさせたくないカテゴリーを選択します。

noindex化の【有効】をクリックし、【更新】ボタンをクリックします。

タグの設定です。

インデックスさせたくないタグを選択します。

noindex化の【有効】をクリックし、【更新】ボタンをクリックします。

以上、「WP Custom Noindex Nofollow」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「WP Custom Noindex Nofollow」のインストール方法や設定方法について解説しました。

特に検索エンジンの評価を気にしない記事(日記やコラムなど)が多くなってくると、サイトのジャンルが曖昧になってしまい検索エンジンからの評価が下がってしまうことがあります。

せっかく労力をかけてサイト運営しているのに評価が下がるのはもったいないですよね。

また、検索エンジンには評価されないけど、人間味がある記事を書きたいときもあると思います。(個人的にはそんな記事が大好きです)

そんな時は「WP Custom Noindex Nofollow」を設定して、その記事だけNoindexにして、検索エンジンから除外するようにしましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク