スポンサードサーチ

はじめに

2017年に入ってSSL化の波が激しくなってきましたね。

特に最近は「SSL化してアクセスが下がった・・」などの話を聞くことが多くなりました。

しかし、大手サイトも含めまだまだSSL化(https化)していないサイトも数多くあります。(これは前述の通り、SSL化することでアクセス減のリスクがあり、今の所SSL化するメリットよりもデメリットの方が多いため)

ただ、個人ブログであったり、これからサイトを始める方ははじめに(記事が少ないうちに)やっておく方がはるかにいいので、今回は、無料でワードプレスサイトをHTTPS化(SSL化)する方法に書いていきます。

山田ゆうすけ
特にアクセスがそれほどなかったり、記事数がない場合は早めにやっておいて方がいいっすよ!

エックスサーバーにログインする

まずは、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。


次に、「SSL設定」をクリックします。

ドメインの一覧が表示されますので、設定したいドメインを選択します。

「独自SSL設定の追加」を選択し、www付きのドメインを選択します。

※www付きを選択すれば、wwwがない場合でもSSLが適応されます。

設定が完了すると、SSLの設定一覧に表示されます。

反映まで1時間ぐらいかかります。

※それまでhttpsでアクセスしても404エラーでページは表示できません

ワードプレス側の設定

次に、ワードプレスの設定に入っていきます。

ワードプレスのダッシュボードから「設定」→「一般」を選択します。

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」をhttp→httpsに変更します。

これで設定完了です。

※サーバー側でSSL化の設定反映が完了していない場合は、反映されるまでサイトの表示ができなくなります。

画像などの変更

新規サイトの場合はこれで設定完了ですが、すでに記事投稿を行なっているサイトの場合、画像などもhttpsに変更する必要があります。

画像をhttpsに一括で変更する方法

【常時SSL化】「Search Regex」画像URLを「http→https」に一括置換する方法【WordPressプラグイン】

最終確認

最後にきちんとHTTP化が完了したか検証ツールで確認します。

検証ツールの使用方法

Windowsの場合は「F12」、Macの場合は「option」+「command」+「I」

※検証ツールはGoogle Chromeのブラウザのみで利用できます。

項目の中から「Console」を選択します。

表示される内容をみて「黄色」や「赤色」でエラーが表示された場合は、エラー内容を確認し、該当箇所をhttpsに修正します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2017年現在でもhttps化している個人ブログも増えてきました。

今後、個人情報の保護やセキュリティの面から個人ブログであったとしてもHTTPS化はマストになって行くでしょう。

HTTPS化していないサイトは上位表示できなくなる日が来るかもしれません。

今回のようにエックスサーバーを使用していれば無料でHTTPSにできますので、出来れば早いうちにHTTPS化してみてくださいね!

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPressの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事