スポンサーリンク

WordPress Ping Optimizerとは

このプラグインは、ワードプレスで投稿した記事のping送信を行うものです。

ワードプレスにはもともとping送信先の設定ができますが、文章を間違えて記事を書き直し何度も公開すると、pingサーバーではスパムだと判定されてしまいます。(スパムと思われたときにはペナルティーがつきます)

しかし、この「WordPress Ping Optimizer」を使えば、最初に記事を公開したときのみping送信されます。

しかも、何回も記事を直した場合も何度もping送信されないため、スパム判定されません。

またSEO対策ができ、アクセス増も見込めます。

では、これから「WordPress Ping Optimizer」の設定方法について書いていきます。

WordPress Ping Optimizerのインストールについて

WordPress Ping Optimizerのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

プラグインの検索】という所があります。

ここに、WordPress Ping Optimizerと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでWordPress Ping Optimizerを使うことができます。

WordPress Ping Optimizerの設定について

設定方法について

ダッシュボード画面から【設定】にマウスカーソルを合わせると、WordPress Ping Optimizerの選択ができるようになりますのでクリックします。

Ping送信先の設定

赤枠の所にping送信先を入力します。

赤丸の所はデフォルトでチェックが入っていますが、もしチェックされていなければクリックしてチェックしてください。

ping送信先は多すぎてもいけませんし、受け付けていないところもあります。

ping送信先は、検索サイトと同じで日々変わることもありますので、検索サイトにて探してみてください。

参考までにオススメのPing送信先を記載しておきます。

おすすめのPing送信先一覧

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

http://blog.with2.net/ping.php/

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://hamham.info/blog/xmlrpc/

http://ping.bloggers.jp/rpc/

http://ping.blogranking.net/

http://ping.blo.gs/

http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc

http://ping.dendou.jp/

http://ping.exblog.jp/xmlrpc

http://ping.fc2.com/

http://ping.feedburner.com

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

http://ping.rootblog.com/rpc.php

http://ping.rss.drecom.jp/

http://ping.sitecms.net

http://pingoo.jp/ping/

http://ranking.kuruten.jp/ping

http://rpc.blogrolling.com/pinger/

http://rpc.reader.livedoor.com/ping

http://rpc.pingomatic.com/

http://rpc.weblogs.com/RPC2

http://serenebach.net/rep.cgi

http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx

http://taichistereo.net/xmlrpc/

http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services

http://www.blogpeople.net/ping/

http://www.bloglines.com/ping

http://www.blogstyle.jp/

http://www.i-learn.jp/ping/

http://xping.pubsub.com/ping/

※ping送信先のURLを入力は11つ改行してください。

設定が終わったら【Save Settings】をクリックして終了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

WordPress Ping Optimizerのインストール方法と設定の説明は以上となります。

ぜひPing送信先をきちんと設定して更新情報を適切に届けていきましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク