スポンサーリンク

WordPress Calls to Actionとは

このプラグインは、ワードプレスにてCTA(コールトゥアクション)の設置ができます。

CTA(コールトゥアクション)というのは、いわゆる「無料プレゼントをあげるから代わりにメールアドレスやLINEに登録してね」というものです。

実際に使用されている例として、E-BOOKや動画などのプレゼントが多いですね。

この無料プレゼントを活用して読者に個人情報を促すという仕組みはもはや大企業でも一般的に使われている手法です。(大手通販会社や大手美容会社、大手教育会社など売り上げ規模が何百億以上の企業でも使用されている手法です)

そんなCTA(コールトゥアクション)をこのプラグインを使えば簡単に設定することができます。

これから「WordPress Calls to Action」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

WordPress Calls to Actionのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、WordPress Calls to Actionと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとWordPress Calls to Action を使うことができます。

WordPress Calls to Actionの使い方について

プラグインをインストールすると、ダッシュボード画面にCall to Actionができます。

マウスカーソルを合わせ、Add Newをクリックします。

今回は記事の中に埋め込んでトップページへ戻るために作ります。

テンプレートを選びます。

タイトルを入力し、Create Call to Actionをクリックします。

タイトルはお好みで入力してください。

  • Header Textはテンプレートの上に表示される文章です。お好みで設定してください。
  • Background Colorは背景の色を選択します。クリックすると色を自由に選べます。お好みで設定してください。
  • Message Textは文章を入力します。お好みで設定してください。

  • Content Text Colorはメッセージの文章の色です。お好みで設定してください。
  • Button Background Colorはボタンの色です。お好みで設定してください。
  • Button Linkはボタンを押した時にどこのウェブサイトへ行くかです。この説明ではトップページ行くように設定しています。お好みで設定してください。
  • Button Textはボタンに入る文章です。お好みで設定してください。
  • Add New Variationのタブをクリックすると新たなボタンを作ることができます。

ここでは取り扱いませんが、操作は同じです。

ショートコードを覚えてください。テキストに貼り付けてもいいです。

【公開】をクリックします。

今回は前に書いたテスト用の投稿ページに貼り付けます。固定ページでも同じです。

先ほどのコードを貼り付けて【公開】をクリックします。

このように表示されます。

記事投稿の画面の下にCall to Action Templateという項目があります。

先ほど設定したテンプレートを呼び出します。

Marketingをクリックします。

Call to Action Shortcodesをクリックします。

先ほど設定したCTAを選択し、Insert Chortcodeをクリックします。

ショートコードの貼り付けが自動で行います。

Marketingをクリックしたときに、Social Shareという表記がありました。

Social Shareをクリックします。

  • ①アイコンの形です。お好みで設定してください。
  • ②アイコンの並びです。お好みで設定してください。
  • ③どのSNSを利用するかです。お好みで設定してください。
  • ④何も入力しなくていいです。シェアされたときの文章をお好みで設定してください。
  • ⑤シェアするURLです。トップページもしくは、記事を書いたURLを入力するといいです。
  • ⑥クリックするとショートコードを挿入します。

赤枠で囲っています。表示されました。

閲覧者が持っているSNSのアカウントによりシェアのされ方が違います。

簡単な方法で説明しましたが、多くのやり方があります。

いろいろと試してみてください。

以上、「WordPress Calls to Action」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「WordPress Calls to Action」のインストール方法や設定方法について解説しました。

このプラグインを使用することで簡単にCTAを設置することができます。

特に自身でサービスを持っている場合は、いきなりサービスの紹介をするのではなくて、CTAで無料プレゼントを用意して、しっかり関係性を構築していくことをおすすめします!

ぜひ設定して活用してみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク