今回は、副業ではなく「週末起業」をおすすめする3つの理由についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

はじめに

副業はもうほとんどの方が知っているとは思いますが、一応解説しておくと、

副業(ふくぎょう)は収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。 兼業、サイドビジネスともよばれる。 副業は就労形態によって、アルバイト(常用)、日雇い派遣、在宅ビジネス、内職などに分類される。 また、収入形態によって給料収入、事業収入、雑収入に分類される。

引用:ウィキペディア

つまり簡単に言うと、本業(サラリーマンなどの収益)がありながら、他にも収入を得るために働くことです。

一方、「週末起業」は、いまいちピンとこない人も多いのではないでしょうか。

会社を辞めず、お金をかけない目からウロコの起業法、それが「週末起業」です。

会社を辞めず、給与という安定継続収入を確保しながら、

・副収入を確保し、
・キャリアのリスク分散をし、
・起業願望を充足する

それが週末起業です。

引用:週末起業実践会

上記でも説明がある通り、会社に勤めながら起業の準備をして、軌道に乗ったら会社を辞めて、本格的に起業するのが「週末起業」です。

では、これからなぜ副業ではなく、週末起業をオススメするのかについてお話していきます。

副業ではなく「週末起業」をおすすめする3つの理由

1、初めから独立(起業)が前提だから稼ぐことに集中できる

まず、副業と週末起業の大きな違いとして、週末起業は初めから独立(起業)が前提です。

もちろん初めは会社員やアルバイトをしながら独立するための仕組みづくりを行なっていきます。

しかし、副業と違って、本業の足りないお金を稼いだり、自分のお小遣いを稼ぐ事が目的ではなく、独立が目的であるため稼ぐことに集中できます。

よく「私は稼ぐ事が目的じゃないんで・・」と方がいますが、副業という考え方ではそれでOKです。ただ、週末起業で将来的にビジネスでご飯を食べていこうと思ったら当然しっかり収益も追求していかないとダメですよね。

だからこそ、将来的に独立を視野に入れているなら週末起業の考え方で取り組む必要があります。

2、副業よりも収益にレバレッジがかけられる

次に、週末起業は副業と違って収益にレバレッジをかける事ができます。

※前提としてネットを使ったビジネスモデルの場合です。また、ここで言う副業とは、塾講師や制作代行など自分が作業する事で得られる収入である事が前提となります。

僕が定義する週末起業のモデルは、「ネット×○○(あなたの得意なこと・好きなこと)」です。

つまり、ネット(ブログ)を活用して、あなたの得意なこと・好きなことを情報発信していく事で、あなたのファンを作り、しっかりと価値提供を行いながら収益化する。

また、ネットが主体のビジネスモデルの場合、あなたが寝ている間もあなたの代わりに営業マンが働き続けてくれ、収益もある程度自動化する事ができます。

しかし、副業でどこかでバイトをしたり、制作などの代行業を行う場合、単価が上がることはあっても、ずっと労働収入から解放されることはありません。

ここが最大のネットを活用したビジネスモデルの利点であり、僕たちが目指していく所でもあります。

3、ビジネスが軌道に乗れば会社(本業)を辞められる

最後に、仕組みづくりがしっかりできて継続してサラリーマンの収入を上回る事ができればいつでも会社を辞められるようになります。

サラリーマンで安定的に収入を得ながら、起業の準備ができる。

ここが「週末起業」の最大の利点であり、僕が週末起業をオススメする最大のポイントでもあります。

特に結婚して家庭がある方の場合、リスクが少ないに越したことはありません。(僕自身、過去に勢いで起業してしまい大変な事になった事があるので身にしみて実感しています)

焦らず、しかし着々とビジネスモデルを構築し、独立までの道のりを進んでいきましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、副業ではなく「週末起業」をおすすめする3つの理由についてお話してきました。

週末起業のメリットをまとめると、

  • 安定した収入を得ながら起業の準備ができる
  • ネット(ブログ)をベースとしたビジネスモデルの場合、レバレッジをかけられる
  • 安定して収益を出す事ができればいつでも会社を辞められる

上記のようなメリットがあります。

このサイトでは、今後も週末起業に関する色々なコンテンツを提供していきますので、ぜひこれからも一緒に学んでいきましょう!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク