最近はWEB系(IT系)の自由な働き方や自身のスキルアップのためにWEB系の企業への転職を考えている方も多いのではないかと思います。

はじめに結論から申し上げると、WEB企業で働くことで、

働いてお金をもらいながら、ITスキル(WEBマーケティングやデザイン、プログラミングなど)を習得することができる

上記の点からも非常におすすめです!

僕自身、実際にアラサー(29歳)からWEB系の企業を3社経験しましたが、今は中小企業のWEB事業を統括するWEB事業責任者として働けるようになり、あの時(29歳の時)にWEB系の会社に転職を決断して本当によかったと思っています。

また、これからの時代、WEB系の企業に転職しなくても、WEBマーケティングのスキルやプログラミングのスキルはあるに越したことはありません。

最近では、会社のサイト更新やSNSの管理、自社の広告などを外部ではなく、自社で内製化(自社運用)するために、社内のWEB担当者を募集している会社の求人も多くなってきたので、フリーランスで活躍する以外にも、IT系以外の会社でも活躍できるフィールドが増えています。

しかし、転職を躊躇している方の多くは、「もう30過ぎてるしな〜」とか「俺、パソコン全然得意じゃないし・・」と年齢やスキルを理由に転職を諦めているケースが多いんじゃないかなと思います。

それは非常にもったいない!!

そこで今回は、僕自身のこれまでの実体験を元に、「アラサーからでもWEB系の会社でバリバリ働ける」というお話をしたいと思います。

山田ゆうすけ
山田ゆうすけ

WEB系企業を3社経験し、今は中小企業のWEB全般を管理するWEBディレクターとして働いています!

スポンサーリンク

僕の経歴(底辺からWEB系の会社で働くまで)

まずは、簡単に僕の華麗なる経歴をお話します。笑

27歳までは、工場のオペレータ、不動産の営業、自販機のルートセールス、大手空調メーカーの営業事務(派遣)など4社ほど長くても2年ごとに転職を繰り返した後、稼ぐ系のアフィリエイトに出会い、勢いで独立。

約2年弱、個人事業主としてYouTubeなどのアフィリエイトやワードプレスブログやメルマガでの情報発信を経験した後、生活が安定せず就職を決意→無事、WEB系企業への転職を果たす。といった流れで29歳の時に遅ばせながらWEB系の企業への転職に成功しました。

当時の僕のスキルはというと、

  • ワードプレスの記事更新など管理画面で設定できることは大体出来る
  • PhotoshopやIllustratorは触ったことすらない
  • アナリティクスはPVとかユーザー数を確認する程度

といったレベルでした。(副業でアフィリエイトしている方なら最低でもこれぐらいのレベルではあると思います)

ほぼ素人レベルなので、これぐらいのスキルであれば未経験扱いでおかしくないレベルですね。

山田ゆうすけ
山田ゆうすけ

今考えると、よく採用してくれたなと・・(笑)

WEB系の企業って実際どうなの?

転職を考えている人が一番聞きたい話が、「ぶっちゃけ、実際のWEB系の会社ってどうなの?」って話だと思います。

よくWEB系企業の働き方について、

  • 服装髪型自由で、フレックスでOK!
  • 会社に出社しなくても、カフェで仕事してOK!
  • 完全実力主義で、実力があればどんどん給料が上がる

というイメージがあるかもしれません。

が、正直あまりにもデフォルメされ過ぎていると個人的に思っています。

実際に僕が働いた会社はこんな感じでした。

  • 服装や髪型は自由だったが、その分仕事に対して責任を求められる
  • 今までカフェで仕事していいよという会社に出会ったことがない(多分、東京の会社とかだとあると思いますが)
  • 確かに実力主義で頑張って成果を出せば評価されどんどん出世するが、逆に成果が出せないと給料は新卒の新入社員並みの給料になる

あくまで僕が実際に働いた3社での話です。

山田ゆうすけ
山田ゆうすけ

確かに自由は多いが、その分責任は求められるので人によっては合わない人もいると思います!

WEB系企業をおすすめする3つの理由

さて、ようやく本題に入りますが、僕がWEB系企業をおすすめする3つの理由についてお話していきます。

1,お金をもらいながらスキルが学べる

まず、WEB系の企業で働く最大のメリットが「ITスキルや経験を学びながらお金がもらえる」点です。
IT系の会社に就職しなくても、WEBマーケティングやデザイン、プログラミングのスキルを身につけることは可能ですが、実際に個人で学ぼうと思うと、10万〜50万ぐらいの費用がかかります。
また、個人でプログラミングスクールで学んでも、スキルは勉強できますが、実務経験を積むことはできません。
しかしその点、WEB系の企業で働くと、仕事をこなしていきながら必要なスキルを身につけて行くことができます。
しかも、スキルの習得に対して、社内や社外の研修に参加することができたり、学習するための書籍やツールの購入を推奨しているケースも非常に多いです。
働いてお金をもらいながら、スキルや経験を積むことができるのはめちゃくちゃ良いですよね。
山田ゆうすけ
山田ゆうすけ

スキルよりも実務経験を積めることが最大のメリットですね!

2,基本的に休みが多い&電話が少ない

これは全てのWEB系の会社に当てはまるものではないと思いますが、基本的に土日祝が休みの会社が多いので、年間休日は120日以上である場合が多いです。
平日が遅くても土日祝が休みなら、休日にしっかり休むことができるので、メリハリは効かせやすいかなと思います。
また、WEB系の企業は電話番号をネット上に公開していない、もしくはあえてかなり分かりにくい場所に記載しているケースが結構あって、電話の数が他の業界と比べて少ないと感じます。
もちろん例外のケースもあると思いますが、電話って非常に時間が取られるツールであることは間違いないので、なるべく電話がないに越したことはないですよね。
山田ゆうすけ
山田ゆうすけ

あと、18時以降は電話が繋がらない等の対応をしている会社も多いですね。

3,副業OKの会社が比較的多い

これも、全ての会社が副業OKって訳ではもちろんないのですが、一般的な会社に比べて、副業を容認している会社は多いと思います。
僕が働いてきた会社も3社中2社は会社側が「うちは副業OKだから」と副業に容認している会社でした。
また、会社としてもサイボウズなど社長自身が副業OKを高々と宣言している会社もあります。
実際にWEB系の会社で働きたい理由の中には、「個人で食いっぱぐれないスキルを身につけたい」という崇高な理由の方もいるかもしれませんが、実際は
  • ITスキルを身につけて将来的に独立したい
  • 自身のブログやアフィリエイトで稼ぐためにITスキルを身につけたい
という理由が多いのではないかと思います。
しかし、会社的に副業が承認されている場合は、堂々と副業に精を出すことができますよね。
山田ゆうすけ
山田ゆうすけ

個人的には、身につけたスキルを元に人に教えてお金をもらったり、会社では経験できない案件にチャレンジするといった副業がおすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、WEB系の会社を3社経験した僕がWEB系の会社をおすすめする3つの理由についてお話しました。
まとめると、WEB系の会社で働くことで、
  • 働きながらITスキルを学ぶことができる
  • 比較的休みが多い(ことが多い)
  • 比較的電話が少ない(ことが多い)
  • 比較的副業が承認されている(ことが多い)
といったメリットがあります!
ちなみに僕がWEB系の転職の際に利用したサイトは、
Find Job
Green
上記のサイトはよく利用させてもらいました。
あと、自分でこれまでの経験やスキルをアピールするのが難しいという方はエージェントサービスの利用がおすすめです!
マイナビエージェント

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
基本的に登録は無料なので、転職を考えている方はまずは登録して実際の案件を見てみることをおすすめします!

WEB系の会社への転職を考えている方に少しでも参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク