こんにちは、山田ゆうすけです。

今回は、これだけは押さえておきたい!主要なWEB広告8種類と広告の特徴についてご紹介します!

スポンサーリンク

主要なWEB広告の8種類と広告の特徴

1.リスティング広告(検索連動型広告)

まず、もっとも有名なのが「リスティング広告」です。検索連動型広告と呼ばれたりもします。主に、GoogleやYahoo!で検索した時に、キーワードに応じて出る広告の事です。

主な広告媒体

  • Yahoo!スポンサードサーチ
  • Googleアドワーズ

2.ディスプレイ広告(アドネットワーク)

次にご紹介するのが、「ディスプレイ広告」です。アドネットワークと呼ばれたりもします。よくいろんなサイトを訪れた時に表示される広告の事です。

ちなみにこのサイトにも広告枠(Googleアドセンス)を貼っているので広告が表示されます。(人や掲載枠を指定し、広告を出稿します)

主な広告媒体

  • YDN
  • GDN
  • i-mobile
  • nend

3.DSP

次は、「DSP(Demand-Side Platform)」です。DSPとは、複数のネットワークなどを一括で管理し、広告を配信するシステムの事です。簡単に言うと、普通はいろんな媒体にいちいち出稿しないといけないものをDSPを介してまとめて配信できるサービスの事を指します。

主な広告媒体

  • Freak Out
  • MicroAd BLADE
  • Criteo

4.アフィリエイト広告

そして次が、「アフィリエイト広告」です。アフィリエイト広告とは、購入や登録に応じて広告費が支払われる広告の事です。

成果報酬の場合がほとんどで、広告主も売れたぶんだけ(紹介数に応じて)報酬を支払う形なので、リスクが少なく非常に近年伸びている広告手法です。

主な広告媒体

  • A8.net
  • アクセストレード
  • バリューコマース
  • JANET

5.動画広告

次は、「動画広告」です。こちらも近年盛り上がりを見せている広告手法です。動画で広告を出稿できます。

YouTubeの動画サイト上で本編の再生前に広告として動画が流れたり、通常のバナー広告枠で動画が流れたりと様々な掲載方法があります。

主な広告媒体

  • True View
  • TubeMogul(動画DSP)

6.SNS広告(ソーシャル広告)

そしてこれも有名ですが、「SNS広告」も近年人気の広告媒体です。TwitterやFacebook、Instagramなど多くのユーザーを抱えるSNS上に広告を出稿することができます。

主な広告媒体

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

7.記事広告

そして次が、「記事広告」です。記事広告はこれまでの広告と違って、メディアと直接契約し、1記事いくらで記事を描いてもらう広告の事を指します。

記事執筆に加えて、掲載料も課金する媒体も多いです。

主な広告媒体

  • ニュースサイト
  • ポータルサイト
  • 情報サイト
  • 個人メディア(ブログ)

など

8.純広告

次に、メディア関係者出ない方は知らない方も多い「純広告」です。純広告とは、ニュースサイトやポータルサイトの広告枠に「1ヶ月いくら」と言うような形で広告を掲載し、広告料(掲載料)を徴収するモデルのことです。

大手のサイトの場合はサイト内に各掲載枠の料金表を掲載しているサイトも多いですね。

主な広告媒体

  • ニュースサイト
  • ポータルサイト
  • 情報サイト
  • 個人メディア(ブログ)

など

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、これだけは押さえておきたい!主要なWEB広告8種類と広告の特徴について解説しました。

一口に「WEB広告」と言っても、上記の通り様々な広告手法があります。

売りたい商品やサービスによって選ぶべき広告手法は異なりますので、ぜひ自社の商材やサービスにあった広告モデルを見つけ売り上げにつなげていきましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク