スポンサードサーチ

UpdraftPlusとは

UpdraftPlusは、ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグインです。

バックアップ先も色々種類があり、FTPDropboxGoogleドライブ・メールなど色々な場所にホォンすることができます。

クラウドタイプのオンラインストレージにもバックアップができますので、オンラインストレージサービスをいくつか保持していれば、バックアップファイルを分散するといったことも可能です。

また、PCにもバックアップしておけばバックアップデータの損失のリスクが減ります。(レンタルサーバーによっては、正常に動作しない場合があります)

ただし、CPUの負荷が高いので、Xサーバーなどの高速サーバーで利用することをおすすめします。(バックアップの容量が多い場合にはGoogleドライブをおすすめします)

これから「UpdraftPlus」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

UpdraftPlusのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、UpdraftPlusと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとUpdraftPlusを使うことができます。

UpdraftPlusの使い方について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせUpdraftPlus Backupsをクリックします。

設定タブをクリックします。

設定はどこにバックアップするか、またスケジュールの設定です。

毎日記事を更新するのであれば1日ごとにしてもいいと思います。

バックアップの保持数は、デフォルトでいいです。

極端に大きい数字にしてしまうと、サーバーの容量にも限界があるのでいいとは言えないです。

お好みで設定してください。

保存先は、どこでもいいのですがFTPGoogle Driveが安全だと思います。

容量が少ない場合はE-mailでいいです。

保存先をクリックすると画面が変わります。FTPE-mailの説明をします。

FTPサーバー・ログインID・パスワードを入力します。

リモートパスを使う時に入力します。

リモートパスは、http://home.comというサイトだった場合にhttp://home.com/blogというようなディレクトリのことです。

ウェブサイトを丸ごと保存する場合には入力しなくていいです。

FTP接続テスト】をクリックして接続できるか、確認してください。

メールを選択しても同じですが、画面を下へスクロールするとバックアップするファイルを選択します。

ウェブサイトを丸ごとバックアップするのであれば、全てにチェックを入れてください。

赤丸で囲ったメールアドレスの項目は、バックアップした場合にメールが送信されます。

お好みで設定してください。

【変更を保存】をクリックしてください。

一番最初はすぐバックアップした方がいいです。

そのため、現在の状態のタブをクリックします。

手動で行う場合も同じです。

【今すぐバックアップ】をクリックします。

【複製/移行】はアドオンを購入すると使えます。

サイト丸ごとバックアップする場合は、デフォルトのままで【今すぐバックアップ】をクリックします。

データのバックアップができます。

それぞれクリックします。

プラグインやデータベースなどダウンロードできます。

設定した場所にダウンロードされます。

今回はPCにダウンロードするように設定をしたため、このような画面が表示されています。

ダウンロードして保管してください。

FTPの場合には、サーバーの/wp-content/updraft/ へバックアップデータを保存してくれます。

トラブルがあったときに元に戻したい場合には、青いボタンの【復元】をクリックします。

全て復元したい場合には全てにチェックを入れます。

【復元】をクリックします。

一番簡単なのは、PCにバックアップデータを保存させる方法です。

バックアップデータの保存先を選ぶときには、有料のところがあります。

以上、「UpdraftPlus」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「UpdraftPlus」のインストール方法や設定方法について解説しました。

UpdraftPlus」はサイトを丸ごとバックアップするのには非常に便利なプラグインです。

僕自身も過去に支払いの遅延でレンタルサーバー会社がデータを消してしまったことがありました。

そんな時のためにバックアップを取っておくことは非常に大切ですので、しっかりバックアップを取っておきたい方は「UpdraftPlus」を設定して使ってみてください!

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPress, プラグインの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事