スポンサーリンク

Theme Test Driveとは

このプラグインは、ワードプレスのテーマを変えたいときに使います。

通常は、新しいテーマを【有効化】してテーマのカスタマイズをしないといけません。

見てくださる方は、未完成なサイトを見ている状態になり、リピーターが減る恐れがあります。

ずっと同じウェブサイトを見ていただきながら、その一方で、新しいテーマをカスタマイズできます。

一時的なテスト環境で、新しく使いたいテーマをカスタマイズができる、ウェブサイトを作る方にとって便利で、見てくださっている方々を混乱させないようにもできるプラグインです。

これから「Theme Test Drive」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Theme Test Driveのインストールについて

Theme Test Driveのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。ここに、Theme Test Driveと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでTheme Test Driveを使うことができます。

Theme Test Driveの設定について

カスタマイズする前の設定について

ダッシュボード画面から、【外観】にマウスカーソルを合わせ、Theme Test Driveをクリックします。

赤枠で囲った所が現在インストールされているテーマです。

あらかじめ使いたいテーマをインストールしておいた方が良いです。

カスタマイズしたいテーマを選びます。

テーマが決まったら、Enable Theme Driveをクリックします。

クリックしたら、ウェブサイトを作った人がテストとしてテーマをカスタマイズしますという内容の文章が出ます。

これで、テーマのカスタマイズができます。

カスタマイズした後の設定について

カスタマイズが終わったら、ダッシュボードの左メニューの【テーマ】のところにある、Theme Test Driveをクリックします。

Disanle Theme Driveをクリックすると、テーマのテスト運用を終えます。

もし、カスタマイズしたテーマを実際に動かしたいときには、カスタマイズしたテーマの【有効化】をクリックすれば正常に動作します。

以上、Theme Test Driveのインストール方法と設定方法の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Theme Test Drive」のインストール方法や設定方法について解説しました。

このプラグインを使うことで、既存のテーマを使用しながら裏で違うテーマをカスタマイズすることができます。

テスト環境の構築を考えている方は是非設定して使ってみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク