SNSのシェア数やいいね数をカウントしてくれるプラグイン「SNS Count Cache」の設定方法




SNS Count Cacheとは

このプラグインは、ワードプレスで作ったウェブサイトをSNSで知らせる時に、SNSの利用者のシェア数がどのくらいいるのかを教えてくれるものです。

サイトをフォローの数を通知し、どうしても遅くなるソーシャルネットワークのボタン表示を速くする効果もあります。

これから「SNS Count Cache」のインストール方法や設定方法について解説して行きます。

SNS Count Cacheのインストールについて

SNS Count Cacheのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、「SNS Count Cache」と入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでSNS Count Cacheを使うことができます。

SNS Count Cacheについて

ダッシュボード画面の左メニューのSNS Count Cacheをクリックします。

ダッシュボード・キャッシュ状況・シェア数・ヘルプについて

この【ダッシュボード】などでは、どのくらい多くシェアされたか、またはフォローされたかを確認できます。

何かを設定するところではなく、確認するところですので、SNSに登録されている方は確認してみてください。

設定について

シェア基本キャッシュ機能について

どのSNSにシェアされるかを設定できます。

プラグインをインストールした段階では、Twitterにチェックが入っていませんので、お好みでクリックしてチェックを入れてください。

この機能は、シェアされたというのをチェックする設定しますので、【シェア数のチェック間隔】【一度にチェックするコンテンツ数】を変えることができます。

チェックするコンテンツが多かったり、チェックする間隔を狭くしすぎるとサーバーに負担がかかりますので、大幅に変えるのは控えた方が良いです。

設定を変更した時には、【設定の更新】をクリックします。

シェア基本キャッシュFacebook・シェア基本キャッシュ機能Twitterについて

Facebookから説明します。

Facebookをご利用の方が行ってください。

【開発者向けページ】URLをクリックします。

クリックしたらサイトにログインしてください。

電話番号・メールアドレス・ウェブサイトのURLなど入力していけばApp IDが出力されますので、入力します。

同時にApp Secretも出力されます。

入力し【設定の更新】をクリックしてください。

次はTwitterです。

サイトの申請をします。

【登録先】URLをクリックして登録します。

ウェブサイトのURLなどの設定を行います。

何日かするとTwitterと連携できたという確認のメールが届きます。これで設定は完了です。

こちらでは設定の変更しなくていいです。

シェア臨時キャッシュ機能・シェア変動分析機能について

【シェア臨時キャッシュ機能】では、ウェブサイトからのブログ投稿からいつまでを新着と見なすかの設定を行います。

最初のままで良いです。

【シェア変動分析機能】は、【比較基準の更新方式】【有効(スケジュラー)】に変更することをおススメします。

【スケジュラー】【毎日】で良いです。変更したら【設定の更新】をクリックしてください。

フォロー基本キャッシュ機能について

こちらでは、フォローしてもらうSNSの設定を行います。

今回は、FacebookTwitterをクリックしてチェックを入れました。

人気が高く、登録者が多いという理由で、クリックしてチェックを入れました。

こちらはお好みでクリックしてチェックを入れてください。

その後、【設定の更新】をクリックします。

Feedlyは、プラグインをインストールした時にチェックが入っています。

Feedlyの設定は、何もしなくても良いです。

フォロー基本キャッシュ機能Facebookについて

【シェア基本キャッシュFacebookで設定した通りに入力してください。

こちらでは表示されていませんが、Access Tokenのボタンが出てきます。

設定された通りにコピーして貼り付ければ問題がありません。

その後、【設定の更新】ボタンをクリックして終わりです。

フォロー基本キャッシュ機能Twitterについて

【スクリーン名】は、Twitterのアカウントです。

API KeyAPI Secretに関してですが、電話承認をするか、アプリケーション作成をするかです。

Twitterにログインして【設定】をクリックします。

Twitter左画面の【モバイル】をクリックして、携帯の電話番号を入力します。

国際電話の表示ですので、日本の国番号+81となっています。日本国内では通常0から始まる番号ですが、この0を抜いた番号を入力します。

入力したら、【続ける】をクリックします。

携帯電話に認証コードが届きますので【携帯電話を認証する】をクリックします。

これで携帯電話での承認は終わりです。

アプリケーションの作成は、https://apps.twitter.com/です。

こちらにアクセスし【sign in】をクリックします。

Twitterにログインし、Create New Appをクリックします。

アプリケーションの名前と説明文とウェブサイトのURLを入力し、Key and Access Tokensタブをクリックすると、API KeyAPI Secretが表示されます。

こちらをワードプレスの方に入力してください。

入力が終わったら【設定の更新】をクリックします。

その後、Bearer tokenの表示が出ていますので、Bearer tokenの取得】をクリックします。

Twitterに同じ内容が出ていますので、入力して再度【設定の更新】をクリックして完了です。

動的キャッシュ機能・フォールトトレランス機能・データクローラ機能について

【動的キャッシュ機能】は、プラグインをインストールしたときのデフォルトでは、無効になっています。

これでもいいのですが、キャッシュのないページを見てもシェア数のカウントはしませんということです。

有効にすると、無効の時と反対です。

どちらがいいかというのも難しいのですが、お好みで良いです。

画像では【有効】にしています。

【フォルトトレランス機能】は、ウェブサイトなどのトラブルによって、シェア数のカウントができなかった場合、カウントがゼロにならないようにするかです。

こちらは画像では【有効】にしていますが、これもお好みで良いです。

【データクローラ機能】は、このままの設定で良いです。

データエクスポート機能・エクスポートされたファイルについて

【データエクスポート】は現在動かせませんが、シェアされた数をCSVファイルで出力します。

【エクスポートされたファイル】は、シェア数をエクスポートしキャッシュデータを見ることができます。

【エクスポート】をクリックしてください。

画面が変わります。

実際に【ダウンロード】クリックして見てデータを見てみましょう。

こちらは、LibreOfficeでの画面です。

エクセルでもいいです。

一部隠しておりますが、このくらいシェアされたというように見ることができます。

postはブログ投稿でpageは固定ページです。

しかもこれはインストールしただけの状態です。

今までの設定をキチンと行えばもっと増えるでしょう。

これだけの拡散させる能力を持っているということですね。

以上、SNS Count Cache のインストール方法と設定の説明となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「SNS Count Cache」のインストール方法や設定方法について解説しました。

最近ではSNSをうまく活用してアクセスを増やしている企業や個人が増えてきました。

SNSでのシェア数は非常にSEO的に見ても効果的ですので、ぜひ「SNS Count Cache」を設定して、SNSのシェア数やいいね数をユーザーに見えるようにして行きましょう!

スポンサーリンク





あなたの”学び”につながったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

普段はIT企業でメディア運営やセミナー講師の仕事をしている"コーディングもできるWEBマーケター"。アラサーで2児の父。基本的になんでも自分でやりたい人。2015年3月までITスキルがほぼ0だったが、そこから自身がWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、結果手取り月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを考えている方にはまずはITスキルを勉強することを強く推奨している。