スポンサーリンク

Smart Slider 3とは

Smart Slider 3は、ワードプレスで作られたサイトにコンテンツのスライドを設置することができるプラグインです。

画像ファイルやテキストなどスライドさせて見た目を良くすることも可能ですし、レスポンシブデザインにも対応しています。

また、ショートコードを入力するだけで配置できるのでとても使いやすいです。

スライダーを設置することで誘導したいページに誘導しやすくなりますし、見た目もカッコいいです。

これから「Smart Slider 3」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Smart Slider 3のインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Smart Slider 3と入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとSmart Slider 3を使うことができます。

Smart Slider 3の使い方について

ダッシュボード画面の左メニューのSmart Sliderをクリックします。

赤枠のNEW SLIDERをクリックします。

スライドを作る設定です。

  • ①は、スライダーの名前を入力します。お好みで設定してください。
  • ②は、スライダーの幅と高さを設定します。クリックすると選ぶことができます。お好みで設定してください。
  • ③は、スライダーの表示です。通常のスライドがDefaultです。Full Widthは画面にワイドで表示します。Thubnailはサムネイルです。他の画像も選べます。お好みで設定してください。

設定が終わったら、CREATEをクリックします。

赤枠のNEW SLIDEをクリックします。

メディアの画面が表示されます。

ファイルをアップロードしたものや、挿入したい画像ファイルをクリックして選びます。

選んだら【選択】をクリックします。

画面にGOT IT!と表示されますのでクリックします。

画面を下へスライドさせ、GENERALをクリックします。

スライダーの名前の確認、どういう表示にするか画像の大きさなどを設定します。

設定が終わったら右上赤枠のSAVEをクリックします。

画面にGOT IT!と表示されますのでクリックします。

スライダーの速度を設定するためAUTOPLAYをクリックします。

MSという単位はミリ秒なので、1秒であれば1000を入力します。

お好みで設定してください。

SAVEをクリックします。

その後画面にGOT IT!と表示されますのでクリックします。

画面をさらに下へスクロールします。ARROWSをクリックします。

どのようなスライダーにするかを設定します。

SAVEをクリックします。

その後画面にGOT IT!と表示されますのでクリックします。

画面を上へスクロールし、【PUBLISH】をクリックします。

ショートコードやPHPのコードが表示されています。

また記事で使う場合の説明もあります。

投稿でも固定ページでも同じです。赤枠のところをクリックします。

設定したスライダーをクリックします。

クリックするとショートコードが出てきます。

実際に表示させました。

画像なのでちょっと分かりにくいですが、実際にはスライドしています。

以上、「Smart Slider 3」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Smart Slider 3」のインストール方法や設定方法について解説しました。

テーマによっては、スライドの機能があったりなかったりしますが、関係なくスライドさせることができるプラグインです。

画像を多く表示させたり動画も表示させたりできますので、スライダー機能を設置させたい場合は是非設定してみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク