スポンサーリンク

Shortcoderとは

Shortcoderは、ワードプレスで作る固定ページや投稿記事に対してよく使うワード(例:こんにちは、◯◯です。⇦この部分など)を簡単にコード化して記事内に入れることができるプラグインです。

使う頻度の高いワードを毎回何度も入力するのは面倒ですよね。

しかし、Shortcoderを設定すると、よく使うワードを自分で好きなようにコードを作成し自由に使うことができます。

ワードを書き続けるのではなく、コード化して効率よく記事を書くことができるようになりますのでとても効率的なプラグインです。

これから「Shortcoder」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Shortcoderのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Shortcoderと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとShortcoderを使うことができます。

Shortcoderの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせShortcoderをクリックします。

赤枠のところをクリックし、ショートコードを新しく作ります。

  • ①はショートコードの名前を入力します。アルファベットで入力してください。日本語は使えません。
  • ②はWordPressの情報のショートコードを挿入します。
  • ③はカスタムパラメータです。
  • ④はショートコードです。
  • ⑤は自由に文章やHTMLコードを入力します。

Save Settingsをクリックします。

この場合は、④のショートコードを使うと⑤が表示されます。

赤枠のShortcoderをクリックするとショートコードが入力されます。

記事を公開します。

実際に記事を見ると設定した通りに表示されています。

今回は簡単な文章でしたが、入力するのが大変なHTMLコードを登録しておくと、クリック1回で表示されます。

複雑なHTMLコードを使う場合には重宝されます。

以上、「Shortcoder」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Shortcoder」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Shortcoderを設定することで、ワードプレスで作る固定ページや投稿記事に対して簡単にコードを入れることができます。

よく使うコードなどは毎回打っていると大変手間なので、Shortcoderに登録しておいて効率化していきましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク