簡単に記事スライダーを作成できるプラグイン「WP Responsive Recent Post Slider」の設定方法




WP Responsive Recent Post Sliderとは

このプラグインは、ブログ投稿記事をスライドさせるものです。

最新のブログ記事をスライドさせることにより、見た目が良くなるというメリットがあります。

またアイキャッチ画像を登録しておいた方が見た目がもっとよくなります。

記事をスライドさせることにより、どんな内容のウェブサイトか一瞬でわかります。

今回は、「WP Responsive Recent Post Sliderのインストール方法や設定方法について解説して行きます。

WP Responsive Recent Post Sliderのインストールについて

WP Responsive Recent Post Sliderのインストール方法

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-responsive-recent-post-slider/

上記URLをクリックしてください。

赤枠のダウンロードをクリックしてください。

次にワードプレスのダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

赤枠の【プラグインのアップロード】をクリックし、先ほどダウンロードしたファイルを選択し、【今すぐインストール】をクリックしてください。

【有効化】をクリックします。

これでWP Responsive Recent Post Sliderを使うことができます。

WP Responsive Recent Post Sliderの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【投稿】にマウスカーソルを合わせ、Post Slider – HOW it Worksをクリックします。

説明が書かれています。

Demo for Designsをクリックしてください。

こちらのウェブサイトでは、赤枠のところのコードがあります。

Design-14まであります。

お好みのを選び、ショートコードをコピーしてください。

トップを固定ページにして、ブログメインのテーマに挿入したので、固定ページに以下のように登録させました。

テキストモードで赤枠のショートコードを入力しました。

では、実際に動作するかどうかを検証します。

実際に確認してみると、スライドしていました。

動きがないのでちょっとわかりにくいですが、実際は横矢印で画像がスライドします。

以上、WP Responsive Recent Post Sliderのインストール方法と設定方法の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「WP Responsive Recent Post Slider」のインストール方法や設定方法について解説しました。

画像をスライドさせることで見た目的にもカッコよくなりますし、またスライダーを置くことでブログの滞在時間を伸ばすことができます。

ワードプレスのテーマに画像スライダー機能がすでに入っているテーマもありますが、そういった機能がないテーマを使用している場合は、ぜひ導入を検討してみてください!

スポンサーリンク





あなたの”学び”につながったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

普段はIT企業でメディア運営やセミナー講師の仕事をしている"コーディングもできるWEBマーケター"。アラサーで2児の父。基本的になんでも自分でやりたい人。2015年3月までITスキルがほぼ0だったが、そこから自身がWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、結果手取り月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを考えている方にはまずはITスキルを勉強することを強く推奨している。