スポンサーリンク

Search Regexとは

このプラグインは、ワードプレスで書いた過去の記事やタイトルなどを一度に変換してくれるものです。

また変換したものを置き換えることもできます。

いくつも記事を書いていると文章が統一していないと感じるかもしれません。

このような場合に、このプラグインをインストールし使うと、過去に書いた記事などを探し、統一していない文章を探してくれます。

また、文章を統一して、置き換えてくれるというありがたいプラグインです。

これから「Search Regex」の設定方法やインストール方法について解説していきます。

Search Regexのインストールについて

Search Regexのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、「Search Regex」と入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでSearch Regexを使うことができます。

Search Regexの使い方について

ダッシュボードの【ツール】にマウスカーソルを合わせ、Search Regexをクリックします。

1.何を検索するか

  • Comment authorは、コメントを書いてくれた方の名前です。
  • Comment author emailは、コメントを書いてくれた方のメールアドレスです。
  • Comment author URLは、コメントを書いてくれた方のウェブサイトURLです。
  • Comment contentは、コメントの内容です。
  • Post contentは、投稿記事の内容です。
  • Post excerptは、投稿記事の抜粋の文章です。
  • Post meta valueは、記事のカスタムフィールドです。
  • Post titleは、記事のタイトルです。
  • Post URLは記事のウェブサイトアドレス(URL)です。

2.記事の置き換えなどを行う処理数

デフォルトにするといっぺんにできますので、このままで良いと思います。

3.実際に検索した結果を昇順にするか、降順にするか

こちらはどちらでも良いですが、【Ascednging】が昇順で、【Desending】は降順です。

4.置き換える文章の内容を入力する

こちらに文章を入力します。

5.置き換えたい文章の内容を入力する

6.正規表現

こちらは文字の並び(文字列)に変更します。

一番左をクリックしてチェックした方が良いです。

検索だけであれば、チェックしなくても良いです。

7.Search】をクリックして検索

他はReplaceは検索して置き換えます。

Replace&Saveは検索して置き換えてワードプレスの記事を置き換えで、保存します。

実践編

実際に文章を書いて、検索だけしてみました。見事に検索に成功しました。

では、「僕は疲れました」と「私は疲れました」の2つの文章を書いて、「僕は疲れました」を「私は疲れました」に置き換えてみます。

置き換える前のブログ記事は以下の通りです。

置き換わったのがお分かりかと思います。

では、実際のブログはどうなっているかを確認します。

全て文章を置き換えることができました。

ある文章を統一させるためには、とても便利だということがお分かりいただけたと思います。

以上、Search Regexのインストール方法と設定の説明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Search Regex」の設定方法やインストール方法について解説しました。

Search Regex」は文章のほか、画像も一括で探してくれるので、SSL化(https化)する際にも非常に役に立つプラグインです。

【エックスサーバー】無料でワードプレスのサイトを簡単にHTTPS化する方法

ぜひプラグインをインストールして使ってみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク