スポンサードサーチ

Search Meterとは

Search Meterは、ワードプレスで作られたサイトの検索結果を保存し改善に役立てることができるプラグインです。

検索結果を保存し、それを閲覧できるようになると、不足しているコンテンツを補うことができますし、また訪問者が知りたい情報を提供できます。

その結果、訪問者の滞在時間を長くしたり、満足してもらえるようにサイトを改良することができます。

これから「Search Mete」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Search Meteのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Search Meterと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックすると、Search Meterを使うことができます。

Search Meteの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせSearch Meterをクリックします。

①~③は検索したキーワードを誰が閲覧できるかを設定します。

  • ①は、全てのユーザーです。ウェブサイトに登録し、ウェブサイト構築をしている人です。
  • ②は、投稿者と管理者のみ閲覧できます。
  • ③は、管理者のみ閲覧できます。
  • ④は、検索するときのフィルターです。検索するキーワードを除外して閲覧できます。
  • ⑤は、管理者がウェブサイトの検索をした場合には、無視できます。
  • ⑥は、HTTPのヘッダーを保存し、情報を得ることができます。
  • ⑦は、設定の画面に寄付の表示がありますが、消すことができます。

【変更を保存】をクリックします。

Reset Statisticsをクリックすると検索したキーワードを削除できます。

Search Meteの使い方について

ダッシュボード画面で7日間の検索されたキーワードを確認できます。

細かく見る場合には、ダッシュボード画面の左メニューのSearch Meterをクリックします。

検索されたキーワードの概要を閲覧できます。

検索されたキーワードと存在しなかったキーワードが表示されます。

タブをクリックするとより多くの検索されたキーワードを閲覧できます。

この概要のデータはCSVファイルでダウンロードできます。

Downloard Summaryをクリックします。

このプラグインは、ウィジェットにも対応しています。

ダッシュボード画面の左メニューの【外観】にマウスカーソルを合わせ【ウィジェット】をクリックします。

Recent Searchesをドラッグし、ウィジェットエリア(サイドバーなど)にドロップします。

タイトルを入力し、キーワードの数を入力し、【保存】をクリックします。

このウィジェットは、検索されたキーワードがウェブサイトに合致したものしか表示されません。

実際にウェブサイトを表示します。

サイドバーにウィジェットが表示されました。

ウィジェットに表示させることもできるプラグインですが、訪問者がどう感じるかです。

お好みで設定してください。

以上、「Search Mete」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Search Mete」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Search Meterを設定することで、ワードプレスで作られたサイトの検索結果を閲覧することができます。(サイトにないキーワードで検索されたものも確認することができます)

つまり、実際にサイト内で検索されたキーワードを元に、訪問者のニーズに合わせた記事を作成することも可能になります。

その結果、訪問者の滞在時間を長くしたり、満足してもらえるようにサイトを改良することができますので、ユーザーのニーズにあった満足度の高い記事を作成したい場合は、ぜひこのプラグインを設定して使ってみてください!

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPress, プラグインの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事