スポンサーリンク

Revive Old Postとは

このプラグインは、ワードプレスで過去に書いたブログ投稿記事をTwitterFacebookなどのソーシャルネットワークに再度投稿できます。

過去に書いた記事をもう一度表示させることによって、見てくれる記事が増えますし、何日前などの記事というように設定できます。

また、過去に書いた記事を多くの人に伝えることができますので、SEO対策にも非常に優れたプラグインです。

これから「Revive Old Postのインストール方法や設定方法について解説していきます。

Revive Old Postのインストールについて

Revive Old Postのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Revive Old Postと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでRevive Old Postを使うことができます。

Revive Old Postの設定について

ダッシュボード画面の左メニューのRevive Old Post】にマウスカーソルを合わせ、Revive Old Postをクリックします。

Accounts設定について

Accountsのタブをクリックします。

TwitterFacebook設定をします。

TwitterAdd Accountをクリックします。

ユーザー名・パスワードを入力し、【連携アプリを承認】をクリックします。

Facebook App IDFacebook App Secretを入力し、

AUTHORIZE APPをクリックします。

General Settingsについて

General Settingsのタブをクリックします。

  • Minimum interval between sharesは、自動で投稿する間隔です。何時間で投稿するかを入力します。
  • Minimum age of post to be eligible for sharingは、過去の記事を何日前から自動で投稿するかの日数を入力します。
  • Maximum age of post to be eligible for sharingは、過去の記事を何日前まで自動で投稿するかの日数を入力します。0の場合は、最初からの記事なので全部です。
  • Number of Posts to shareは、1回のシェアでいくつの記事を投稿するかです。
  • Share old posts more than onceは、繰り返し過去の記事を投稿するかです。クリックしてチェックをいれると繰り返されます。
  • Post Typeは、自動投稿するものです。postはブログ投稿記事でpageは固定ページです。
  • Google Analytics Campaign Trackingは、自動投稿した記事をGoogleアナリスクで表示させるかどうかです。
  • Exclude/Include Specific Categoriesは、自動で投稿する場合に、記事のカテゴリを除外したいカテゴリを選択します。

この設定が終わったらSAVEをクリックします。

Post Formatについて

Post Formatのタブをクリックします。

  • Post Contentは、投稿の内容です。Title Onlyはタイトルのみです。Body Onlyは記事の内容のみです。Title & Bodyは、記事のタイトルと内容です。Custom Fieldはカスタムフィールドです。カスタムフィールドに設定しなくていいです。
  • Lengthは投稿の最大文字数です。
  • Additional Textは投稿に追加する文章を入力します。
  • Additional Text AtAdditional Textを入れる位置です。Begining of PostSNSの文章に記事の最初の文章を入れるかどうかです。End of PostSNSの文章の最後に記事を入れるかどうかです。
  • Use URL Shoterは短縮URLを使用するかどうかです。使用する場合にはクリックしてチェックします。
  • Hashtagsはハッシュタグを含むかどうかの設定ですが、何もしなくていいです。
  • 設定が終わったらSAVEをクリックします。

START SHARINGをクリックし、自動投稿を開始します。

以上で、「Revive Old Post」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Revive Old Post」のインストール方法や設定方法について解説しました。

このプラグインを設定することで、ワードプレスで過去に書いたブログ投稿記事をTwitterFacebookなどのソーシャルネットワークに再度投稿できますので、過去に書いた記事をSNSで拡散させたい場合はぜひかるようしてみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク