こんにちは!今回は、WEB担当者やWEBマーケ系の職種の人にはぜひ手元に置いておきたいGoogleアナリティクスの教科書「できる逆引きGoogleアナリティクス〜Web解析の現場で使える実践ワザ260〜」についてご紹介します!

スポンサーリンク

はじめに

まず、今回の書籍はGoogleアナリティクスを活用するための書籍です。

レベルとしては、初心者〜中級者がメインのターゲット設定となっていると思われます。

Googleアナリティクスがよく分からない方はぜひこちらの記事を読んでみてください!

本の感想

まず、この本はGoogleアナリティクスを学ぶというよりは、リファレンス要素が強い書籍です。

リファレンスとは、「参照するもの」という意味があり、リファレンス要素が強い本とは、その本を熟読するタイプの書籍ではなく、何か困った時にサッとページをめくる、言わば辞書みたいな使い方をする書籍のことを指します。

で、やはりこの本は「実践ワザ260」という名の通り、Googleアナリティクスの辞書として非常に使える書籍です。

だからこそ、「これからGoogleアナリティクスを使い始める」という方にはあまりオススメできません。(本当の初心者の場合は、まずGoogleアナリティクスの本ではなく、アクセス解析(Web解析)の指南書を読みことをオススメします)

また、Googleアナリティクスはもちろん、「Googleタグマネージャー」「Googleデータスタジオ」と広範囲をカバーしているため、内容は広く浅くといった感じが否めません。

Googleアナリティクスは突き詰めると「JavaScript(ジャバスクリプト)」に行き着くと最近感じていて、その辺りの解説も少なめかなと感じます。(この辺りはエンジニアの領域ではありますが)

少しデメリットばかり書いてしまいましたが、基本的にはGoogleアナリティクスで必要な機能をほぼ網羅している良書であり、僕自身も会社のデスクに忍ばせている数少ない書籍でもあります。

また、著者もWeb解析の分野ではかなり著名な方であり、書籍の情報の信頼度も非常に高いです。

個人的評価

こんな方にオススメ

  • 企業のWEB担当者
  • WEBマーケター
  • ブロガー
  • アフィリエイター

まとめ

個人的には、改定前の書籍でも大変お世話になり、2017年に改定2版が出た際にもすぐに購入したぐらいお世話になっている書籍です。

僕自身も最近EC系のアクセス解析を行う機会が多くなってきて、またこの書籍のページをめくる機会が増えてきました。

WEB担当者やWEBマーケターはもちろん、個人ブロガーやアフィリエイターもぜひオススメします!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク