スポンサードサーチ

Recent Posts Widget Extendedとは

このプラグインは、ブログ投稿記事の最新情報を表示されるものです。

アイキャッチ画像を設定することにより、サムネイルの表示もできますし、コメント数・タグ・日時なども表示できます。

またウィジェットとして表示しますので、見た目がよくなり、滞在時間が上がることでSEO対策にもなります。

設定自体はそこまで難しくないので、興味のある方は、インストールしてみてください。

これから「Recent Posts Widget Extended」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Recent Posts Widget Extendedのインストールについて

Recent Posts Widget Extendedのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、「Recent Posts Widget Extended」と入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでRecent Posts Widget Extendedを使うことができます。

Recent Posts Widget Extendedの設定について

設置方法

ダッシュボード画面の左メニューにある【外観】にマウスカーソルを合わせ、【ウィジェット】をクリックします。

Recent Posts Widget Extendedをドラッグして【ウィジェットエリア】へおきます。

ウィジェットエリアにおくと、設定項目が開きます。

設定方法

では、説明します。

  • Title:ウィジェットに表示するタイトルです。今回は最新記事と入力しました。好みの問題ですので、好きな文章を入力してください。
  • Title URL:ウジェットのタイトルにリンクを設定できます。例を挙げると、ブログ記事を固定ページに設定している方は入力して良いかと思います。
  • CSS IDCSSに適用させるためのIDです。ここは何も入力しなくていいです。
  • CSS ClassCSSを適用させるときのClassです。ここは何も入力しなくていいです。
  • HTML or text before the recent posts:ウジェットに最新記事を掲載しますが、その時の一覧の上に表示させるHTMLや文章のことです。何か入力したい場合には入力してください。何もしなくてもいいです。
  • HTML ot text after the recent posts:ウジェットに最新記事を掲載しますが、その時の一覧の下に表示させるHTMLや文章のことです。何か入力したい場合には入力してください。何もしなくてもいいです。
  • Ignore sticky posts:固定ページの無視させます。固定ページは、頻繁に書き換えするものではないため、このままでいいです。最新のブログ記事がかすむこともありますので、チェックを入れたままにしておいた方が良いです。
  • Exclude current posts:現在の投稿を非表示させます。
  • Posts Types:表示する投稿のタイプです。これも自由ですが、ブログ記事かなと思い、投稿にチェックを入れています。
  • Posts Status:表示する投稿の状態です。下書きだとか、予約投稿や未来記事などです。
  • Order:表示させる順番です。降順か昇順です。
  • Orderby:表示順の基準です。投稿した日・ランダム・更新日などです。
  • Limit to Category:表示するカテゴリーの選びます。
  • Limit to Tag:表示させるタグを選びます。
  • Limit to Taxonomy:表示するカスタム投稿を選びます。
  • Number of posts to show:表示する投稿数です。ブログ記事投稿の長さによって決めていくのもいいです。お好みで設定してください。
  • Offset:スキップする投稿数です。
  • Displey Thumbnail:サムネイル(アイキャッチ画像)を表示させるかどうかです。
  • Thumbnail(height,width,align):サムネイル(アイキャッチ画像)の高さ・幅・位置を決めるところです。
  • Default Thumbnail:サムネイル(アイキャッチ画像)を設定していない記事に表示する画像を選びます。記事数が多くなってくるとアイキャッチ画像が多くなる、ウェブサイトが重くなることもありますので、長く運営するのであれば指定していいです。
  • Display Excerpt:抜粋表示のことです。
  • Excerpt Length:抜粋表示の文字数を決めます。
  • Display Readmore:ウィジェットに出ている投稿記事の続きを読むなど、記事全体を読む場合の表示設定です。
  • Readmore Text:ウィジェットに出ている投稿記事のDispley Readmoreで表示させる文章を入力します。
  • Display Comment Count:コメント数を表示するかどうかです。
  • Display Date:日付を表示させるかどうかです。
  • Display Modification Date:更新日を表示させるかどうかです。
  • Use Relative Date.eg:5 days ago:相対日時の表示です。

Use Default Styleのチェックを外すと、CSSをカスタマイズできます。

全ての設定が終わったら、【保存】のボタンをクリックしてください。

これで設定は終わりです。

実際に適当させたときに赤枠のようにしました。

サムネイル画像がないのはアイキャッチ画像の設定をしていないからです。

このように、しっかりと掲載できました。

以上、Recent Posts Widget Extendedのインストール方法と設定方法となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Recent Posts Widget Extended」のインストール方法や設定方法について解説してきました。

有料テーマなどでは基本的に初めから「最新記事」を出すことができるテーマがほとんどですが、現在使用しているテーマや自身でテーマをカスタマイズしたい場合は、ぜひ使ってみてください!

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPress, プラグインの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事