スポンサーリンク

Public Post Previewとは

このプラグインは、ブログ記事の投稿や固定ページの投稿をする前にログインしていない人に対し記事内容を見せるためのプラグインです。

更新する前に先方に記事内容を見てもらう場合などで投稿する前に見てもらいたい記事がある場合に非常に重宝します。

ワードプレスにログインしている場合は、下書き保存をしプレビューで見ることができます。

そのためにわざわざログインの権限を渡さなくてもURLを記載すれば見ることができるというプラグインです。

また、予約投稿やレビュー待ちの記事にも対応していますし、インストールしたらすぐ使えるという手軽さもあります。

これから「Public Post Preview」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Public Post Previewのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Public Post Previewと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとPublic Post Previewを使うことができます。

Public Post Previewの使い方について

ダッシュボード画面の左メニューから【投稿】または【固定ページ】を選択します。

実際に記事を書いた後、【下書きとして保存】をクリックすると、その下に【外部確認を許可する】という項目が出てきます。

この項目をクリックし、チェックを入れると、下にURLが表示されます。

このURLをコピーして、見てもらいたい相手にお知らせすると、公開前の記事を見ることができます。

以上、「Public Post Preview」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Public Post Preview」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Public Post Preview」を設定することで、ブログ記事の投稿や固定ページの投稿をする前にログインしていない人に対し記事内容を見せることができます。

更新する前に先方に記事内容を見てもらう場合など、投稿する前に見てもらいたい記事がある場合に非常に重宝しますので、ぜひ設定して使ってみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク