スポンサーリンク

PS Disable Auto Formattingとは

PS Disable Auto Formattingは、ワードプレスのHTMLタグを自動で削除し、整理してくれるプラグインです。

特にテキストモードとビジュアルモードのみで書く場合に便利です。

ビジュアルモードで記事の記入をすると、自動でテキストモードでHTMLタグが変わるようにできています。

タグで言うと「p」や「br/」のタグを中心に自動で削除します。

またビジュアルモードで書く場合にはビジュアルモードで、テキストモードで書くときはテキストモードで固定されます。

これから「PS Disable Auto Formatting」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

PS Disable Auto Formattingのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、PS Disable Auto Formattingと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとPS Disable Auto Formattingを使うことができます。

PS Disable Auto Formattingの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせ【自動整形】をクリックします。

整形のところは、全てクリックしてチェックします。

【変更を保存】をクリックします。

過去の記事の整形をする場合は一番下をクリックします。

プラグインがインストールされているだけでも動作してしまいます。

テキストはテキストで固定され、ビジュアルはビジュアルで固定されますので、お気を付けください。

また、レイアウトが崩れることもあります。

これはプラグインの仕様です。

以上、「PS Disable Auto Formatting」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「PS Disable Auto Formatting」のインストール方法や設定方法について解説しました。

PS Disable Auto Formattingは、ワードプレスのHTMLタグを自動で削除し、整理してくれるプラグインです。

ただ、最近のWPテーマであれば、テキストモードやビジュアルモードが予め設定してあり、特にビジュアルモードであれば同じような挙動をプラグインなしで実現することができます。

しかし、新規でサイトを構築する場合はこのプラグインを設定した方が構築する工数を削減できますので、現在使用しているテーマにタグの調整機能がない場合はぜひ設定して使ってみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク