スポンサーリンク

Post Type Switcherとは

このプラグインは、ワードプレスで作られたブログの投稿ページを固定ページに、固定ページを投稿ページに変えることができます。

しかし、記事投稿で書いているうちに、重要な記事に変わって固定ページに切り替えたいと思うことがあります。

そんな時に便利なのが「Post Type Switcher」というプラグインです。

このプラグインは、コードをブログ記事にコピーして貼り付けるようなことをせず、投稿ページや固定ページからボタンを1クリックで選ぶだけで切り替えることができるので大変便利です。

これから「Post Type Switcher」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Post Type Switcherのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、「Post Type Switcher」と入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとPost Type Switcher を使うことができます。

Post Type Switcherの使い方について

現在の固定ページは2件です。

この固定ページに過去に書いた投稿記事を固定ページへ変えます。

ダッシュボード画面の左メニューの【投稿】にマウスカーソルを合わせ、【投稿一覧】をクリックします。

固定ページにしたい投稿記事をクリックします。

Post Type:投稿】がありますが、この画像では入っていませんが、右隣りのEditをクリックします。

この投稿から固定ページに変えるので、固定ページを選んで、【更新】をクリックします。

赤枠で囲いました。固定ページへ変わりました。

固定ページから投稿ページにする場合は、同じようにしてください。

以上、「Post Type Switcher」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Post Type Switcher」のインストール方法や設定方法について解説しました。

どうしても記事を書いていて、「これは記事ではなくそのまま固定ページに書いて、サービス紹介のページとして使いたい」や「記事として書いていたつもりが間違って固定ページで書いてしまった」なんてことがあると思います。

そんな時に「Post Type Switcher」を設定しておけば、後からボタン一つで「投稿記事」→「固定ページ」、「固定ページ」→「投稿記事」に変更することができます。

ブロガーやアフィリエイターの方は使用する機会が多いかと思いますので、ぜひ設定して活用してみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク