スポンサードサーチ

Optimize Database after Deleting Revisionsとは

このプラグインは、ワードプレスのデータベースの最適化とリビジョン・投稿記事や固定ページのゴミ箱・スパム認定されたコメントなど・使っていないタグ・古いファイルの削除ができます。

さらに、スケジュール管理できますので、一度設定しておくと勝手に行ってくれます。

常に最適化された状態を維持できます。

そのためウェブページが遅くなるという心配をしなくていいというプラグインです。

これから「Optimize Database after Deleting Revisions」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Optimize Database after Deleting Revisionsのインストールについて

Optimize Database after Deleting Revisionsのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Optimize Database after Deleting Revisionsと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでOptimize Database after Deleting Revisionsを使うことができます。

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定について

ダッシュボードの左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせ、Optimize Databaseをクリックします。

  • Maximum number of – most recent – revisions to keep per postは、残しておくリビジョンの数です。画像では5に設定していますが、この数字でなくてもいいです。
  • Delete transhed itemsは、固定ページや投稿記事などを削除した際に、ゴミ箱へ行きます。それらを削除します。こちらにはチェックを入れた方がいいです。
  • Delete spammed itemsは、スパムコメントなど削除します。これはチェックしておいた方がいいです。
  • Delete unused tagsは、使っていないタグを削除します。チェックは入れても入なくてもいいです。
  • Delete expire transientsは、内部のキャッシュを削除します。チェックを入れた方がいいです。
  • Delete pingbacks and trackbacksは、ピンバックとトラックバックを削除します。ピンバックとトラックバックに関しては、難しい所ですがチェックをしなくていいです。
  • Keep a logは、ログデータを保存するかどうかです。念のためチェックしておいた方がいいと思います。
  • Schedulerは、これらのリビジョンやデータを自動で削除するスケジュールです。ご自由に設定してください。
  • Show '1-click' link in Admin Barは、ダッシュボード画面の上部にリンクを貼るかどうかです。こちらはお好みで設定してください。
  • Show an icon in the Admin Barは、ダッシュボードの左メニューにアイコンを表示させるかどうかです。こちらはお好みで設定してください。大きな赤枠で囲った部分は、データーベースです。

最適化や削除を除外する場合には、クリックしてチェックを入れます。

最後にSave Settinsをクリックして設定は終わります。

スケジュール設定していれば勝手に削除や最適化をしてくれますが、手動で行う場合にはSave Settinsの右隣りのGo to Optimizerをクリックします。

ダッシュボードへリンクの設定を行っている場合にはダッシュボードから最適化できますのでクリックするだけです。

Start Optimizationをクリックします。

クリックすると最適化してくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Optimize Database after Deleting Revisions」のインストール方法や設定方法について解説しました。

このプラグインを使うことで、ワードプレスのデータベースの最適化とリビジョン・投稿記事や固定ページのゴミ箱・スパム認定されたコメントなど・使っていないタグ・古いファイルの削除を自動的気に行うことができます。

データを削除することでサイトを常に最適化することができますにで、ぜひ活用してみてください。

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPress, プラグインの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事