スポンサーリンク

Lazy Loadとは

このプラグインは、ワードプレスで記事に挿入されている画像ファイルの表示を遅らせることができます。

一気にページ内に画像を読み込むのではなく、ページをスクロールした際に必要な画像だけ読み込むことで、ページの読み込みが速くなります。

画像ファイルの読み込みを遅くさせることで、ページの読み込みが重くならずにすみますので結果、SEO効果にもつながっていきます。

特にオウンドメディアなど多くの画像を使用している場合、効果が出やすいです。

今回は、「Lazy Load」のインストール方法や設置方法について解説しました。

Lazy Loadのインストールについて

Lazy Loadのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、「Lazy Load」と入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでLazy Loadを使うことができます。

Lazy Loadの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの、【プラグイン】をクリックします。

赤枠の編集をクリックします。

クリックすると【プラグイン編集】画面が出てきます。

その画面右上を見てください。

赤枠のlazy-loard/js/lazy-load.jsをクリックします。

赤枠のところの数値を変えます。

初期値は200ですが、400に書き換えてください。

終わったら、【ファイルを更新】をクリックします。

これで設定は終わりです。

以上、Lazy Loadのインストール方法と設定方法の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Lazy Load」のインストール方法や設置方法について解説しました。

Lazy Loadを使用することで画像の表示の読み込みを最小限に抑え、ページの表示を速くしてくれます。

特にオウンドメディアで画像をたくさん使用している場合は、画像の読み込みにすごく時間がかかってしまっていることが多いので、ぜひLazy Loadを設定して使ってみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク