スポンサードサーチ

jQuery Smooth Scrollとは

jQuery Smooth Scrollは、ワードプレスで作られたサイトの全てのページに、画面上部にゆっくりとスクロールして戻ることができるボタン(上矢印)を設置できるプラグインです。

サイトのページが縦に長くなってくると、訪問してくれたユーザーが画面戻りたい時に、上部に画面上部へスクロールさせるのが非常に大変になってきます。

そんな時に、このプラグインをインストールして設定をしておけば、訪問したユーザーがページ上部に戻る際にいちいちマウスでスクロールすることなく、ワンクリックで一気に上部に戻ることができます。

これから「jQuery Smooth Scroll」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

jQuery Smooth Scrollのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、jQuery Smooth Scrollと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとjQuery Smooth Scrollを使うことができます。

jQuery Smooth Scrollの使い方について

プラグインをインストールするだけです。設定は必要ないです。

実際にウェブサイトを表示させます。

赤枠の所に三角のマークが表示されます。

このプラグインをインストールすると表示されます。

画面を下にスクロールした場合に、表示されるようになっています。

この三角のマークをクックすると、画面の上へゆっくりとスクロールします。

1つの画面で収まっている時には表示されません。1つのページが1つの画面に収まってないときだけ表示されます。

またある程度、画面をスクロールさせると表示されます。

以上、「jQuery Smooth Scroll」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「jQuery Smooth Scroll」のインストール方法や設定方法について解説しました。

どうしても記事の文章が長くなってしまうこともあると思います。(僕はよくありますw

ただ、縦にページが長くなってくると、また上からコンテンツを見ようと思った時にいちいちスクロールさせる必要があります。

そんな時に、jQuery Smooth Scrollを設定しておけば、ワンクリックで一気に画面上部に移行することができますので、非常に便利です。

ワードプレスのテーマによってはデフォルトで設定されている場合もありますが、標準で設定されていない場合は、ぜひjQuery Smooth Scrollを設定して使ってみてください!

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPress, プラグインの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事