こんにちは!ヤマダユウスケ(yusuke_6216)です!

今回は、現役WEBマーケターである僕自身が学ばせていただいている「ジッセン!」を僕がおすすめする3つの理由について書いていきたいと思います。

ジッセン!オンラインってどんなサービス?

まずはじめに「ジッセン!」というサービスを簡単に紹介します!

ジッセン!
公式サイトから引用

一言でいうと、「デジタルマーケティング領域専門のeラーニングサービス」です。

デジタル広告やSEO、SNS、ECなどWEBマーケティングを実践していく上で必要なスキルを学ぶ事ができます。

プレミアム会員になると月額4,900円(税別)かかりますが、結構無料で視聴できる動画講座もありますので、まずは無料会員登録してコンテンツを視聴してみる事をおすすめします!

では、これから実際に受講してみて「ええやん!」と思ったポイントについて解説していきます!

WEBマーケティングを学習するなら「ジッセン! オンライン」をおすすめする3つの理由

とにかく講師陣が超一流!

公式サイトから引用

まず、おすすめするポイント1つ目は、「講師陣が超一流であること」です。当たり前ですが、何を学ぶかも重要ですが、「誰から学ぶか」はそれ以上に重要なポイントですよね。

その点、「ジッセン! オンライン」の講師陣は超豪華です!サイトに掲載されていた講師陣を紹介すると、

  • 株式会社ビジョナリーホールディングス 執行役員 デジタルエクスペリエンス事業本部 本部長 川添 隆氏
  • 株式会社ラグランジュポイント 代表取締役社長 高田 晃氏
  • zonari合同会社 代表執行役社長 有園 雄一氏

他にもアイレップなど有名広告代理店や広告プラットフォームを運営するヤフーのコンテンツもあります。講師陣が第一線で活躍する方ばかりなので、コンテンツを受講していても安心感がありますね。(ここは察してください)

好きなテーマをピンポイントで、さらに深掘りして学べる

おすすめポイント2つ目は、「好きなテーマをピンポイントで、さらに深掘りして学べること」です。

ここに関しては、例えばスクーなどのサイトの場合、情報はめちゃくちゃ多かったりしますが、扱っているジャンルが多すぎて個々の情報は少なかったり、薄かったりする事があります。(ディスっている訳ではなく、そういうケースもあるよねって話です)

しかし、「ジッセン!オンライン」の場合は、WEBマーケティング領域のコンテンツしかありませんが、逆に、WEBマーケティング領域だけで、200講座以上あるわけですね。

領域を絞っている分、ジャンルは限られてますが、その分より深くコンテンツが用意されています。

オンライン上でいつでも情報にアクセスできる

最後のおすすめポイント3つ目は、「オンライン上のコンテンツをPCやスマホで簡単にアクセスできる点」です。

残念ながら、WEBマーケティングの応用(実践的な内容)については、検索エンジンで検索してもほとんどいい情報を得ることができません。(特に広告系は基礎的な内容ばかり)

また、書籍についても業界特有の横文字の多さもあってか、学習するハードルは決して低くないです。

それに、技術書って基本的に、持ち運ぶには分厚くて重いんですよね。(値段も2000円以上しますし・・)

特に、職場で急に「広告を出す必要が出た」とか「ちょっと解析で調べたいことができた」時に、本が手元にないので情報にアクセスできないのも辛いところです。(で、結局検索で情報を探すしかないという・・)

その点、ジッセン!オンラインのような動画コンテンツだとPCやスマホで気軽に見れられますし、何より持ち運ぶ手間もありません。

会員サイトにログインすれば、簡単に動画を視聴できますからね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「現役のWEBマーケターがWEBマーケティングを学習するなら「ジッセン! オンライン」をおすすめするたった3つの理由」をお話しました。

実際に、僕自身も会員登録して動画を視聴してみて、コンテンツの中身も充実してますし、ノウハウも深いところまで解説してくれているものが多いので、非常に助かっています

僕自身は大阪に住んでますし、一流の広告代理店やWEBマーケティングの会社にいるわけではないので、こういった定額(月5000円程度)で一流の講師陣からノウハウを学べることはめちゃくちゃ貴重だったりしますからね。

という訳で、これからWEBマーケティングを勉強したい方はもちろん、最新の情報やノウハウをキャッチアップしたい意識高い系のWEBマーケターや企業のWEB担当者の方はぜひ、会員登録してコンテンツを視聴して勉強してみてください!

ヤマダユウスケ
コンテンツの質は僕が保証します!

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク