SNS連携やセキュリティ、アクセス解析などがまとめて設定できるプラグイン「Jetpack」の設定方法




Jetpackとは

このプラグインは、ワードプレスで使うセキュリティーやSNSやアクセス解析を1つのプラグインにまとめた便利なものです。(日本語対応していますが、一部有料です)

ただ、多機能すぎて必要のない機能も多いので、今回は「JetPack」のインストール方法やおすすめの設定方法について解説していきます。

Jetpackのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。ここに、Jetpackと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとJetpackを使うことができます。

Jetpackの設定について

インストール後、このようにプラグインとWordPressとの接続の画面が表示されます。

赤枠のところをクリックしてください。

すでにWordPress.comにアカウントがあれば入力してください。

もし、アカウントがない場合には下のRegisterをクリックします。

アカウントを作ります。

メールアドレス・ユーザー名(ワードプレスで作ったユーザー名と違うものがいいです)・パスワードを入力します。

入力が終わったら赤枠をクリックします。

その後、承認画面になり以下のように表示されます。

今回は赤枠のところをクリックします。無料の範囲内での説明をします。

クリックしたら、【スキップ】をクリックします。

Writingについて

ダッシュボード画面の左メニューのJetpackにマウスカーソルを合わせ、【設定】をクリックします。

Writingタブをクリックします。ここでは記事投稿に関する設定をします。

  • ①ツールバーですが、オンにしておくとさまざまな機能を見ることができるのでオンにしておきます。
  • ②記事投稿の時に文法、スペルチェックをしてくれますので、そのままにしておきます。
  • ③メディアは、表示速度が早い方が、離脱率が下がるのでチェックします。Exif情報は、カメラの機種、ISO感度、撮影場所、時間などが入った情報です。特定されないように、表示させる必要はないです。

特に設定をする必要はないですが、スマートフォン向けにサイトを最適化に関しては、チェックした方がいいです。

Sharingについて

①投稿した記事をSNSに共有します。【ソーシャルメディアアカウントを接続する】をクリックします。

【連携】のボタンをクリックするとアカウントの入力ができます。

使っているSNSをアカウントを入力してください。

共有ボタンのタブをクリックします。

共有するボタンの設定です。

プレビューが出ますので、お好みで設定してください。

設定したら【変更を保存】をクリックしてください。

Twitterのユーザー名を入力します。

共有ボタンをどこに設定するかですが、【投稿】はチェックしたほうがいいです。

ページは固定ページなのでお好みで設定してください。

設定が終わったら【変更を保存】をクリックしてください。

②の投稿に共有ボタンを追加でも同じ画面が表示されます。

Discussionについて

Discussionのタブをクリックしてください。

Discussionはコメント関連の設定を行います。

  • ①コメントをSNSのアカウントを使い、描けるようにするものです。
  • ②は、WordPressで使うアバターです。
  • ③は、コメントされた時にSNSにどのように表示するかです。

Trafficについて

アクセス解析の設定方法がTrafficです。

お好みで選択してください。

SEOGoogleアナリティクスとの連携です。

  • ①のサイトマップは必ずチェックします。検索エンジンにサイトマップをお知らせします。
  • ②はサイト認証ですが、SEO対策のためGoogleだけでも登録した方がいいです。

4つのサイトがありますが、Googleが一般的ですが、登録をしてmetaタグを入力するときちんと反映されます。

Securityについて

ワードプレスで作ったウェブサイトのセキュリティの設定です。

ブルートフォース攻撃(Brute foce attack)は必ずチェックします。

ログインに関しては、お好みで設定してください。

なるべくすべてチェックしておいた方がいいです。

ダッシュボードとサイト統計情報について

こちらでは、ウェブサイトのアクセス解析・セキュリティ・画像のパフォーマンスを見ることができます。

実際に投稿してみます。

赤枠のところですが、設定されていれば投稿記事との連携ができます。

SEO対策では有利です。

画面右上のベルをクリックします。

フォローされたり、いいねをされると表示されます。

SNSやアクセス解析など一元管理するには便利です。

以上、「JetPack」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「JetPack」のインストール方法やおすすめの設定方法について解説しました。

有名なプラグインですし、非常に多機能なプラグインです。

しかし、その分不具合が起こるリスクもありますので、特にプラグインをバージョンアップする際はまずネット上でバージョンを検索してみて、不具合がないか確認してからアップデートするようにしてください!

スポンサーリンク





あなたの”学び”につながったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

普段はIT企業でメディア運営やセミナー講師の仕事をしている"コーディングもできるWEBマーケター"。アラサーで2児の父。基本的になんでも自分でやりたい人。2015年3月までITスキルがほぼ0だったが、そこから自身がWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、結果手取り月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを考えている方にはまずはITスキルを勉強することを強く推奨している。