今回は、社会人なら知っておきたい敬語のルールについて書いていきます。

スポンサーリンク

はじめに

敬語って自分では正しく書いている(話している)つもりでも、相手に正しく伝わっていない事もよくありますよね?

後から「あの時の敬語間違って使ってしまっていたな、と気づいたり・・」

山田ゆうすけ
僕はよくありました(今でもたまにあります・・)

特に年配の方は敬語に厳しい方も多い印象です。(多少偏見も含まれますが)

今回、僕も間違って使っていた敬語のルールについてこれから解説していきます。

覚えておきたい!敬語のルール

1.相手に「謙譲語」を使わない

まず、大前提として「尊敬語」と「謙譲語」と混同して、相手の動作(行動)を謙譲語で表現してはいけません。

これをやってしまうと、相手に不快な思いをさせてしまう可能性があります。

以下に例を記載します。

×間違った言い方 ○正しい言い方
どちらにいたしますか どちらになさいますか
担当者にうかがってください 担当者にお尋ねください
資料を拝見してください 資料をご覧ください

「どちらにいたしますか?」は割と言いがちな表現かなと思います。(僕もこれは言ってました・・)

謙譲語ってそもそもなんだ?という方はおさらいとして以下のページをご覧ください!

2.自分や自分の身内に「尊敬語」は使わない

次に、自分自身や自分の身内(同僚や上司)の動作などにを尊敬語で表現するのもダメな例です。

例え上司であっても、相手(社外)に伝える時はへりくだった表現をするのが正しい書き方(話し方)です。

以下に例を記載します。

×間違った言い方 ○正しい言い方
おいしく召し上がりました おいしくいただきました
弊社の部長がおっしゃっています 弊社の部長が申しております
当社の課長がお訪ねになります 当社の部長がうかがいます

最後の、「当社の課長がお訪ねになります」は絶対言わないとは思いますが、たまに外部に電話をかけた時に(おそらく新人の方)「弊社の○○がそうおっしゃっておりまして・・」と言った言い返しをされることがあります。

3.「謙譲語」を「尊敬語」のように使用しない

また、相手の動作(行動)に「申す」や「参る」「いただく」といった謙譲語を使ってはいけないことは先ほどお伝えしましたが、例えば尊敬語「れる」を付け加えても、相手を敬った表現にはならないので注意が必要です。

×間違った言い方 ○正しい言い方
○○様が申されたことです ○○様がおっしゃったことです
いつ弊社に参られますか いつ弊社へいらっしゃいますか
皆様でいただかれてください 皆様で召し上がってください

4.二重敬語は避ける

最後に、とにかく丁寧に伝えればいいと思って、1つの言葉に二重の敬語表現を用いないようにしましょう。

ただし、天皇陛下や皇族にだけ二重敬語が使用される習慣があるそうです。

×間違った言い方 二重に用いた敬語 ○正しい言い方
お読みになられる ①「読まれる」+②「お〜になる」 読まれる、お読みになる
お読みになっていらっしゃる ①「お〜になる」+②「いらっしゃる」 お読みになっている、読んでいらっしゃる
ご注文になられる ①「注文される」+②「ご〜になる」 ご注文になる、注文される
ご覧になられる ①「ご覧になる」+②「〜られる」 ご覧になる
お見えになられる ①「お見えになる」+②「〜られる」 お見えになる
おっしゃられる ①「おっしゃる」+②「〜られる」 おっしゃる

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一点補足なのですが、最後の「4.二重敬語は避ける」には例外があります。

ここが日本語の難しいところで、「お召し上がりになる」や「おうかがいになる」はこの考えで言うと、二重敬語に当たりますが、普段よく使用していますよね?

基本ルール上はそうなのですが、普段当たり前に使用している間違った敬語も存在するので、とにかく相手にとって不自然(不愉快)に感じないかどうか見極める必要があります。

他にも「ご苦労様です」も全く気にしない人もいれば、「それは目上の人が目下の人に使う言葉だ」と不快に思う人もいるでしょう。

この辺りは非常に難しいですが、円滑にコミュニケーションを行うためにも、時と場合、いわゆる忖度をする必要がありそうですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク