スポンサーリンク

Google XML Sitemapsとは

Google XML Sitemapsは、ウェブページのサイトマップを自動で生成してくれるプラグインです。

そのため、記事を更新をする度に、サイトマップをわざわざ作り直す必要がありません。

また、作られたサイトマップを検索サイトにお知らせする機能があります。

これからGoogle XML Sitemapsのインストール方法や設定方法を解説していきます。

Google XML Sitemapsのインストールについて

Google XML Sitemapsのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Google XML Sitemapsと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでGoogle XML Sitemapsを使うことができます。

Google XML Sitemapsの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせると、XML-Sitemapと表示されますのでクリックします。

検索エンジンへの通知設定について

インストールした後、まだサイトマップの通知ができていません。

また、記事を書いていない場合も同様です。

記事を書いた場合に赤枠をクリックします。

これで、GoogleBingへサイトマップの通知が完了です。

基本的な設定について

デフォルトのままで問題はありません。

GoogleBingへサイトマップを通知しますので、チェックが入っているか確認します。

赤丸のところにチェックが入っているかを確認し、チェックされていない場合にはクリックし、チェックしてください。

追加ページの設定について

記事以外のコンテンツを作った場合には、赤枠をクリックしてください。

そこにURLを入力し更新頻度の設定を行います。

手動で設定します。こちらはデフォルトで良いです。

投稿の優先順位について

デフォルトの設定では、コメント数にチェックが入っています。

コメントの数だけで優先順位が決まってしまうと最新記事を書く意味がないため、赤丸のところをクリックし、チェックを入れてください。

Sitemapsコンテンツについて

デフォルトでは、既に【ホームページ】【投稿】にチェックが入っていますが、【カテゴリー】にもチェックを入れてください。

基本的に固定ページを使用していないので、【固定ページ】のチェックを外していますが、固定ページを積極的にインデックスしてもらいたい場合は、チェックを入れておいてください。

含めない項目について

こちらでは、【未分類】のところをクリックしチェックを入れてください。

カテゴリー別に記事を書かず、未分類で記事を書くのはおススメしません。

カテゴリーを必ず作って記事を書いた方が良いです。

更新頻度の設定について

更新頻度の設定ですが、ウェブサイトの変更が多い場合には変更をした方が良いです。

更新頻度の少ない所は更新頻度を長めに設定た方が良いです。

毎日更新した方が良いのは、【ホームページ】です。

毎週更新した方が良いのは、【投稿(個別記事)】【カテゴリー別】の項目です。

更新しなくていいのは、【投稿者ページ】【今月アーカイブ】【固定ページ】【タグページ】の項目です。

こちらはあなたのサイトの変更状況に応じて変更してください。

優先順位の設定(priority)について

優先順位は0.11.0まで設定ができます。

数字が多い場合は優先順位が高くなります。

【ホームページ】【投稿】【投稿優先度の最小値】【カテゴリー】1.0までにしなくてもいいですが、高め(0.8)に設定しておいた方が良いと思います。

※優先度をあげる必要がない【投稿者ページ】【今月アーカイブ】【固定ページ】【タグページ】は0.0にしておきます。

設定が終わりましたら【設定を更新】をクリックしてください。

これで、Google XML Sitemapsのインストール方法と設定は終了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Google XML Sitemaps」のインストール方法や設定方法を解説しました。

Google XML Sitemaps」はサイトを立ち上げたら必ずと言っていいほど、はじめにインストールして設定を行うべきプラグインの一つです。

(まずサイトの更新情報をGoogleに知らせる必要がありますので)

ぜひはじめにインストールして、しっかり設定を行っておいてくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク