GoogleタグマネージャーのコンテナスニペットをHTMLソースに挿入する方法




The following two tabs change content below.

山田ゆうすけ@WEBマーケター

本職は広告代理店で広告やマーケティングの仕事をしているWEBマーケター。阪神ファンでガンバ大阪が好きな典型的な関西人。数年前までITスキルがほぼ0だったが、そこからWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを目指す方にはまずはITスキルを学ぶことを推奨している。

無料ブログサイトなどのHTMLで書かれたサイトの場合

Googleタグマネージャにログインします。

URLは下記の通りです。

https://tagmanager.google.com/

Googleアカウントをクリックします。

パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

Googleタグマネージャのアカウントを作ったときに、コンテナ名を設定しているので「コンテナ名」をクリックします。

赤枠のGTM-から始まる、アルファベットと数字である「コンテナID」をクリックします。

コンテナスニペットが表示されます。

注意書きにもある通り、①は<head>の上の方へ貼り付けます。

別に<body>の真上でも問題ありません。

①は<head>のすぐ下に貼り付けました。

「なるべく上のほう」という指示がありますが、ここまでする必要はありませんが、あえて一番上に貼り付けました。

②は注意書きにもある通り、<body>の直後に貼り付けます。

こちらは出来れば<body>直後に入れるようにしましょう!

コンテナスニペットは、表示させたいところへ貼り付けます。

WordPressのプラグインを使う場合

WordPressでも同じ方法で実装することができますが、もっと簡単な方法があります。

ワードプレスのプラグインをインストールすることです。

Googleタグマネージャのプラグインの中でも操作しやすいプラグインを選びました。

Google Tag Managerというプラグインです。

プラグインをインストールして、プラグインも「有効」にします。

ダッシュボードの左メニューの「設定」にマウスポインターを合わせ、「一般」をクリックします。

赤枠のところは、Google Tag Manager ID」(コンテナID)を入力します。

「変更を保存」をクリックするだけです。

これで「GoogleタグマネージャーのコンテナスニペットをHTMLソースに挿入する方法」の解説は以上となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「GoogleタグマネージャーのコンテナスニペットをHTMLソースに挿入する方法」について解説しました。

Googleタグマネージャーを導入する際、この「コンテナスニペット」の挿入は欠かすことができません。

作業自体はタグをコピペするだけですので、タグマネージャーを運用していく場合は取り組んでみてください!

他の必要なコードを消さないようにだけ十分気をつけてください!

スポンサーリンク





あなたの”学び”につながったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本職は広告代理店で広告やマーケティングの仕事をしているWEBマーケター。阪神ファンでガンバ大阪が好きな典型的な関西人。数年前までITスキルがほぼ0だったが、そこからWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを目指す方にはまずはITスキルを学ぶことを推奨している。