スポンサードサーチ

無料ブログサイトなどのHTMLで書かれたサイトの場合

Googleタグマネージャにログインします。

URLは下記の通りです。

https://tagmanager.google.com/

Googleアカウントをクリックします。

パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

Googleタグマネージャのアカウントを作ったときに、コンテナ名を設定しているので「コンテナ名」をクリックします。

赤枠のGTM-から始まる、アルファベットと数字である「コンテナID」をクリックします。

コンテナスニペットが表示されます。

注意書きにもある通り、①は<head>の上の方へ貼り付けます。

 別に<body>の真上でも問題ありません。

①は<head>のすぐ下に貼り付けました。

「なるべく上のほう」という指示がありますが、ここまでする必要はありませんが、あえて一番上に貼り付けました。

②は注意書きにもある通り、<body>の直後に貼り付けます。

 こちらは出来れば<body>直後に入れるようにしましょう!

コンテナスニペットは、表示させたいところへ貼り付けます。

WordPressのプラグインを使う場合

WordPressでも同じ方法で実装することができますが、もっと簡単な方法があります。

ワードプレスのプラグインをインストールすることです。

Googleタグマネージャのプラグインの中でも操作しやすいプラグインを選びました。

Google Tag Managerというプラグインです。

プラグインをインストールして、プラグインも「有効」にします。

ダッシュボードの左メニューの「設定」にマウスポインターを合わせ、「一般」をクリックします。

赤枠のところは、Google Tag Manager ID」(コンテナID)を入力します。

「変更を保存」をクリックするだけです。

これで「GoogleタグマネージャーのコンテナスニペットをHTMLソースに挿入する方法」の解説は以上となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「GoogleタグマネージャーのコンテナスニペットをHTMLソースに挿入する方法」について解説しました。

Googleタグマネージャーを導入する際、この「コンテナスニペット」の挿入は欠かすことができません。

作業自体はタグをコピペするだけですので、タグマネージャーを運用していく場合は取り組んでみてください!

 他の必要なコードを消さないようにだけ十分気をつけてください!

スポンサードサーチ
関連キーワード
  • ネット広告初心者のためのGoogleタグマネージャー講座【タグマネの取説】
  • Googleタグマネージャーを使って簡単に外部リンクのクリックをイベントとして計測する方法
  • GoogleタグマネージャーのコンテナスニペットをHTMLソースに挿入する方法
  • GoogleアナリティクスのタグをGoogleタグマネージャーに追加する方法【初心者向け】
  • Googleタグマネージャーのアカウントを開設する方法【初心者向け】
  • Googleタグマネージャーのメリットを理解する【初心者向け】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事