Googleタグマネージャーのメリットを理解する【初心者向け】




Googleタグマネージャについて

個人や法人がアフィリエイトなどの広告や通販などのECサイトを運営する場合、サイトのアクセス解析を行うためにGoogleアナリティックスを使うケースが多いです。

Googleアナリティクスを使う目的として、どのページがどれだけ閲覧されたか。または、どの商品(サービス)が実際に人気があるかをGoogleアナリティクス上で把握し、サイトの改善を行うことが主な理由だと思います。

しかし、Googleアナリティクス以外にもGoogleアドワーズ広告やその他SNS広告、またはアドセンス広告をサイト内で管理する場合、それぞれの広告などのHTMLタグ(JavaScriptタグなど)が増えれば増えるほど、タグの管理に非常に苦労します。

そんなタグを一括で管理してくれるサービスがあります。

それが「Googleタグマネージャー」です。

Googleタグマネージャー」は、GoogleアドワーズやGoogleアナリティクスとも簡単に連携することができて、もちろん無料で利用できるサービスです。

これから「Googleタグマネージャー」を導入するメリットについてご紹介していきます。

Googleタグマネージャーのメリット

はじめに、アフィリエイトやECサイトのHTMLタグを管理する場合、サイトの記事(ページ)数が少なければ少ないほどタグの管理は楽になります。

しかし、規模が大きいサイトの場合や有料広告を複数回しているような場合は、1記事に対し1つ以上HTMLタグ(JavaScriptタグなども含む)を挿入することがありますし、記事(コンテンツ)が多くなればなるほどタグの挿入に苦労します。

他にも、広告などの収益を多くした場合、複数ページに多くのHTMLタグ(JavaScriptタグなども含む)を挿入します。

メモ帳などで管理するという手もありますが、記事数や広告数が増えれば増えるほど、サイトのJavaScriptがサイトの表示を邪魔し、その結果、ウェブサイトの速度が遅くなることもあります。

しかし、「Googleタグマネージャー」を使えばGoogleタグマネージャーの管理画面上で1カ所で管理することができます。

そして複数のタグの管理もできますので、広告を変えたい場合には、Googleタグマネージャーで変更すればいいだけです。

また、広告をクリックしたりする、イベントトラッキングをGoogleアナリティックスで見るときに、広告のHTMLタグを挿入する必要がなくなりますし、複数のサイトを持っている場合には、複数のドメインを1つのドメインと見なすことができます。

上記のようにパッと思いついたものだけでも様々なメリットがあります。

Googleタグマネージャーの解説

では、これからGoogleタグマネージャーの解説に入っていきます。

この図のように、Googleタグマネージャーを使い、サイト①とサイト②のタグの管理ができます。

このような方法を使って複数サイトにまたがった情報をGoogleアナリティクスで解析しているんですね。

この方法を「クロスドメイントラッキング」といいます。

補足

Googleタグマネージャー」では、FacebookTwitterなどのSNSのシェアなどのイベントトラッキングには対応していません。

図を利用します。

サイト①から短時間でサイト②へ訪問した場合は、コンバージョンの設定をしないといけません。

この場合、訪問者が利用しているウェブブラウザのCookieを使い、Googleアナリティックスで解析できます。

このCookieの送信は、短い時間であれば、ウェブブラウザで削除されません。

Googleアナリティクスでは、違う数字が表示されてしまいます。

訪問者が閲覧する時間を短く設定すれば、ウェブサイト①からウェブサイト②へ短時間で訪問した場合、正しくGoogleアナリティクスで解析できます。

今回の解説は以上となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Googleタグマネージャーのメリット」について解説しました。

Googleアナリティクスを活用している会社や個人事業主の方は非常に多いですが、Googleタグマネージャーを活用できている会社や個人はまだまだ少ないと感じています。

しかし、今回の記事の中でもご紹介したように、

  • アナリティクスやアドワーズなどの広告タグを一括で管理することができる
  • イベントトラッキングなどのクリック測定も容易に設定できる
  • クロスドメイン設定(複数のサイトにまたがるアクセス解析)が容易に設定できる

など様々なメリットがありますので、特に有料広告を複数回していたり、イベントトラッキングなど高度なアナリティクス設定を行なっているような場合は、ぜひGoogleタグマネージャーの導入を検討してみてください!

スポンサーリンク





あなたの”学び”につながったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

普段はIT企業でメディア運営やセミナー講師の仕事をしている"コーディングもできるWEBマーケター"。アラサーで2児の父。基本的になんでも自分でやりたい人。2015年3月までITスキルがほぼ0だったが、そこから自身がWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、結果手取り月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを考えている方にはまずはITスキルを勉強することを強く推奨している。