スポンサーリンク

はじめに

Googleタグマネージャーの解説はこちら

Googleアナリティクスと同じように、Googleタグマネージャもアカウントを作らないと使用できません。

Googleタグマネージャでは、Googleアカウントを使いますが、なるべくビジネスで使用するGoogleアカウントは統一した方がいいです。(アカウントを一括管理した方が効率的なため)

また、Googleタグマネージャのアカウントを作成するときは、コンテナも同時に作ります。

このコンテナという言葉は、HTMLタグを管理するための倉庫と思ってください。

Googleタグマネージャーのアカウントを作成し、コンテナを作ることで、あなたのサイトで運用することができます。

これから「Googleタグマネージャーのアカウントを開設方法」について解説していきます。

Googleタグマネージャのアカウントを作る方法

GoogleタグマネージャのURLは以下の通りです。

https://tagmanager.google.com/

上記のURLをクリックします。

Googleのログイン画面が表示されます。

パスワード」を入力し、「次へ」をクリックします。

複数のアカウントお持ちの方は、作りたいアカウントを選んでください。

アカウント名」を入力します。

分かりやすい方がいいです。お好みで設定してください。

続行」をクリックします。

コンテナ名」を入力します。

分かりやすい名前を入力します。お好みで設定してください。

コンテナの使用場所は、お好みで設定してください。

ウェブサイトにHTMLタグを挿入させるために、赤枠の「ウェブ」を選びました。

利用規約が表示されます。日本語はありません。

よく読み「はい」をクリックします。

OK」をクリックします。

これでGoogleタグマネージャのアカウントが作られました。

赤枠のHTMLタグのことを、「コンテナスニペット」と言います。

コンテナは「HTMLタグを管理する倉庫」という表現をしました。

ではスニペットとは何かという疑問が出流かもしれませんが、これは倉庫から品物を出すというニュアンスです。

もう少しくだけた表現をすると、使い回しができるということです。

赤枠の「GTM-」から始まる、数字やアルファベットがIDです。

この赤枠のIDをクリックするとウェブサイトに挿入するコンテナスニペットを再び表示させることができます。

そのため、アカウントを作ったときに表示されたコンテナスニペットをどこかに保存する必要はありません。

Googleタグマネージャのアカウントを作ると、Gmailにアカウントが作られたというメールが届きます。

こちらのメールが確認が出来たらアカウント作成完了です。

以上、「Googleタグマネージャーのアカウントを開設方法」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Googleタグマネージャーのアカウントを開設方法」について解説しました。

Googleタグマネージャーを運用していくにあたって、まずはGoogleタグマネージャのアカウントが必要です。

アカウント自体は慣れれば数分で作成することができますので、まずはサクッと作成してみてください!

Googleタグマネージャー講座に戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク