ワードプレスでブログを運営していて、ヘッダーの部分やサイドバーなどに「サイト内の検索」を設置している方も多いと思います。

Google検索からの流入数を増やしたい場合、実際にサイト内で検索された言葉を記事に反映させるのが近道です。

ちなみにGoogleアナリティクスで「サイト内の検索」を解析することができます。

設定方法としては、サイト内の検索をした場合、何回ページを見てくれたかをピックアップしてGoogleアナリティクスで見るようにさせます。

ユーザーにブログを満足してもらうためにも今回の設定をしておいたほうがいいです。

ユーザーの行動を見えるようにできるのが、Googleアナリティクスのいいところですね。

スポンサーリンク

サイト内検索のトラッキング設定

Googleアナリティクスにログインします。

「ユーザー」がすぐ表示されます。

「セグメントを追加」をクリックします。

「サイト内検索を実行したユーザー」にチェックをいれ、「適用」をクリックします。

誰が、どんなキーワードでウェブサイト内の検索をしたのかを見るためです。

/test/?s=testと表示されています。

これはtestと検索した結果です。

この場合、クエリパラメータはsです。

 testというのが検索ワードです。

もう1つは、/test/?s=テスト」です。

クエリパラメータが同じで検索ワードが「テスト」です。

この方法で、クエリパラメータとサイト内検索のキーワードが確認できます。

この方法でなくても、ご自身のウェブサイト内の検索を行った後にURLがブラウザに表示されます。

そちらをご覧ください。

画面の左にあるメニューの「管理」をクリックします。

「すべてのウェブサイトのデータ」のところに「ビュー設定」と表示されています。

クリックしてください。

画面を下へスクロールします。

サイト内検索のトラッキングを「オン」にします。

クエリパラメータは先ほど確認していますが、sなので(ウェブサイトによって違います)入力します。

サイト内検索のカテゴリを「オン」にします。

この「サイト内検索カテゴリ」”検索キーワードのURL”です。

test」と検索し、履歴が残っていますので、testと入力します。

「保存」をクリックします。

では実際に見てみましょう。

設定をしてから反映するのには時間がかかります。

 最長で48時間です。

確認するために、皆さんがお持ちのサイト内検索で検索してみましょう。

Googleアナリティクスにログインし、左メニューの「行動」をクリックします。

「概要」が表示されます。

「サイト内検索」をクリックします。

これで、検索キーワードが見えるようになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「サイト内検索がキーワードごとに何回検索されたかを見える化する方法」について解説しました。

サイトを訪れたユーザーがサイト内で検索したキーワードを元に記事を書いていくことで、よりユーザーの目線に立った記事を作成することができます。

Googleキーワードプランナーで調べたキーワードよりもよりユーザーの悩みに特化したキーワードを集めることができますので、ぜひ設定しておいてください!

初心者のためのGoogleアナリティクス講座に戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク