敬語って僕ら日本人でも上手く使うのが難しいですよね?

僕自身も敬語をある程度、正しく使えるようになったのは本当につい最近の話です。

某採用担当者A
採用などで社外のメールのやり取りが多いので、嫌でも勉強せざる負えない状況でした・・

今回は、最近勉強した「正しい敬語の使い方」について書いて行きます!

スポンサーリンク

敬語の種類

敬語には「尊敬語(そんけいご)」「謙譲語(けんじょうご)」「丁寧語(ていねいご)」の3種類があります。

まず初めに、敬語の種類とそれらの意味や使い方について書いていきます。

尊敬語(そんけいご)

まず、「尊敬語」は、相手に関して、その人自身や、その人の動作、所有物、状態などを高めて(持ち上げて)表現することを指します。

例えば、「○○様のおっしゃる通りです」といった感じです。(これだと、なんかゴマすってる感じがしますねw)

謙譲語(けんじょうご)

次に、「謙譲語」は、自分に関して、自分自身や自分の動作、所有物、または状態などをへりくだって表現することを指します。

例えば、「私の方から御社へ伺う(うかがう)予定です」などです。(へりくだってますねw)

丁寧語(ていねいご)

最後に、「丁寧語」ですが、相手や自分に関わる事柄について、丁寧な表現を用いることを指します。

例えば、「また改めてお電話します」などが挙げられます。(割とフランクな感じ)

敬語のパターン

また、相手の動作(行動)を表現する「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」は、それぞれさらにいくつかのパターンに分けることができます。

これからいくつかの具体例を挙げて行きます。

尊敬語(そんけいご)

まず初めに相手の動作や状態を高めて表現する「尊敬語」のパターンを見ていきます。

1.それ自体が敬意を表す言葉

おっしゃる 「言う」の尊敬語
召し上がる 「食べる」または「飲む」の尊敬語
なさる 「する」の尊敬語
くださる 「くれる」の尊敬語

2.動詞+「れる」「られる」

聞かれる 「聞く」の尊敬語
見られる 「見る」の尊敬語

3.「お」「ご」「御」「貴」+名詞

お考え 相手の「考え」の尊敬語
ご家族 相手の「家族」の尊敬語
御社(貴社) 相手の「会社」の尊敬語

謙譲語(けんじょうご)

次にへりくだった表現の「謙譲語」のパターンを見ていきます。

1.それ自体が謙譲の意味を表す言葉

参る 「行く(来る)」の謙譲語
申す(申し上げる) 「言う」の謙譲語
いただく 「もらう」の謙譲語
いたす 「する」の謙譲語

2.「お」「ご」+動詞+「する」

お待ちする 「待つ」の謙譲語
お届けする 「届ける」の謙譲語
ご挨拶する 「挨拶する」の謙譲語

3.「弊」「小」「愚」「粗」+名詞

弊社(小社) 自分の「会社」の謙譲語
愚考 自分の「考え」の謙譲語
粗品 自分が送るなどした「品物」の謙譲語

丁寧語(ていねいご)

最後に相手や自分に関わることを丁寧な表現で伝える「丁寧語」のパターンをご紹介します。

1.語尾を「です」「ます」「ございます」にする

見積もりです 「見積もりだ」の丁寧語
送ります 「送る」の丁寧語
ありがとうございます 「ありがとう」の丁寧語
在庫はございます 「在庫はある」の丁寧語

2.「お」「ご」「御」+名詞

お電話 「電話」の丁寧語
ご連絡 「連絡」の丁寧語
ご祝儀 「祝儀」の丁寧語

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「正しい敬語の使い方」と言う事で、

  • 敬語の種類
  • 敬語のパターン

について解説しました。

最後に、まとめとして各敬語の種類と意味をサクッとおさらいします。

尊敬語(そんけいご)

相手に関して、その人自身や、その人の動作、所有物、状態などを高めて(持ち上げて)表現すること

サクッと)相手を持ち上げるために使う表現

謙譲語(けんじょうご)

自分に関して、自分自身や自分の動作、所有物、または状態などをへりくだって表現すること

サクッと)相手(主に目上の人)にへりくだる表現

丁寧語(ていねいご)

相手や自分に関わる事柄について、丁寧な表現を用いること

サクッと)同程度の立場(同僚など)や顔見知りの人に使う表現

PS

次回は、「覚えておきたい敬語のルール」について書いていきたいと思います。

某採用担当A
どこかで誰かの参考になれば幸いです!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク