ワードプレスのお問い合わせフォームから送られてきたメッセージを保存し管理できるプラグイン「Flamingo」




Flamingoとは

Flamingoは、ワードプレスのお問い合わせフォームから送られてきたメッセージを保存し管理できるプラグインです。

お問い合わせフォームのプラグインContact From 7と連携をして保存します。(このContact Form 7から送信されたメールは、管理者のメールに保存されます)

ただし、簡易的な保存や管理のため、お問い合わせの内容とメールアドレスのみ対象となります。(万が一メールサーバーのトラブルでメールが消えてしまうことがないようにワードプレスで保存し管理したほうがいいこともあります)

これから「Flamingo」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Flamingoのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Flamingoと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとFlamingoを使うことができます。

Flamingoの使い方について

プラグインの設定は必要ありません。

ダッシュボード画面の左メニューのFlamingoにマウスカーソルを合わせ【アドレス帳】をクリックします。

もしくはダッシュボード画面の左メニューのFlamingoをクリックします。

①は、管理者や送信者のメールアドレスです。クリックすると連絡先の編集ができます。

連絡先の編集ができます。名前を変更する場合に使います。

変更した場合、【連絡先を更新】をクリックします。

②をクリックすると受信メッセージ画面を表示します。

受信メッセージの件名をクリックするとメッセージの内容が表示されます。

メッセージの内容が表示されました。

以上、「Flamingo」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Flamingo」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Flamingo」を設定することで、訪問者からの貴重なメッセージを保存し保管することができます。

特にContact Form 7を利用されている方は Flamingoインストールして設定してみてください!

スポンサーリンク





あなたの”学び”につながったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

普段はIT企業でメディア運営やセミナー講師の仕事をしている"コーディングもできるWEBマーケター"。アラサーで2児の父。基本的になんでも自分でやりたい人。2015年3月までITスキルがほぼ0だったが、そこから自身がWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、結果手取り月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを考えている方にはまずはITスキルを勉強することを強く推奨している。