スポンサードサーチ

Flamingoとは

Flamingoは、ワードプレスのお問い合わせフォームから送られてきたメッセージを保存し管理できるプラグインです。

お問い合わせフォームのプラグインContact From 7と連携をして保存します。(このContact Form 7から送信されたメールは、管理者のメールに保存されます)

ただし、簡易的な保存や管理のため、お問い合わせの内容とメールアドレスのみ対象となります。(万が一メールサーバーのトラブルでメールが消えてしまうことがないようにワードプレスで保存し管理したほうがいいこともあります)

これから「Flamingo」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Flamingoのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Flamingoと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとFlamingoを使うことができます。

Flamingoの使い方について

プラグインの設定は必要ありません。

ダッシュボード画面の左メニューのFlamingoにマウスカーソルを合わせ【アドレス帳】をクリックします。

もしくはダッシュボード画面の左メニューのFlamingoをクリックします。

①は、管理者や送信者のメールアドレスです。クリックすると連絡先の編集ができます。

連絡先の編集ができます。名前を変更する場合に使います。

変更した場合、【連絡先を更新】をクリックします。

②をクリックすると受信メッセージ画面を表示します。

受信メッセージの件名をクリックするとメッセージの内容が表示されます。

メッセージの内容が表示されました。

以上、「Flamingo」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Flamingo」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Flamingo」を設定することで、訪問者からの貴重なメッセージを保存し保管することができます。

特にContact Form 7を利用されている方は Flamingoインストールして設定してみてください!

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPress, プラグインの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事