スポンサーリンク

Browser Shotsとは

Browser Shots」は、ワードプレスで作られたサイトを表示している画面のキャプチャーを作り、サイトに表示させることができるプラグインです。

他のサイトを紹介したり、自分持っている複数のサイトを紹介するときに非常に役に立ちます。

通常、スクリーンショットを作成してからその後、画像の調整をして、その後、運営しているサイトに貼る作業は時間がかかります。

しかし、この「Browser Shots」をインストールして設定しておくと、情報を入力するだけで画像のショートコードが作られるので非常に効率的です。

今回は、「Browser Shots」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Browser Shotsのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Browser Shotsと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとBrowser Shotsを使うことができます。

Browser Shotsの使い方について

このプラグインの設定はしなくていいです。

では、実際の投稿画面で使い方を説明して行きます。

赤枠で囲ったアイコンをクリックします。

  • ①は、キャプチャーしたいサイトのURLです。
  • ②は、キャプチャーしたいサイトの画像のURLです。
  • ③は、キャプチャーしたい画像の高さです。
  • ④は、キャプチャーしたい画像の幅です。
  • ⑤は、キャプチャーした画像の説明を入力します。
  • ⑥は、キャプチャーした画像のaltタグを入力します。こちらはなるべく入力した方がいいです。SEO対策のためです。
  • ⑦は、キャプチャーした画像をクリックした場合に別のウィンドウを開いて表示させるかです。お好みで設定してください。

OKをクリックします。

OKをクリックするとショートコードが表示されます。

【公開】または【更新】をクリックすると反映されます。

このように記事に反映されました。

時間がかからない作業ですので、このプラグインをインストールした方が効率がいいですね。

※今回はリンクフリーの価格.comをリンクしました。

以上、「Browser Shots」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Browser Shots」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Browser Shots」は、ワードプレスで作られたサイトを表示している画面のキャプチャーを作り、サイトに表示させることができるプラグインです。

他のサイトを紹介したり、自分持っている複数のサイトを紹介するときに非常に役に立ちますので、よくキャプチャー画像を使用する当サイトのようなサイトを運営している場合はぜひ設定して使ってみてください!

追加文章

自分自身が作ったサイトや一部のサイトでは表示できないことがあります。

キャプチャーされた画像が荒いため、表示されないこともあります。

また、マルチバイト文字に対応していないため日本語が文字化けすることがあります。

その点、ご使用の際はご注意ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク