スポンサーリンク

Breadcrumb NavXTとは

Breadcrumb NavXTは、ワードプレスで作られたサイトに「パンくずリスト」をつけることができます。

パンくずリストは、サイトの閲覧中にどこのページを見ているか分かるようにできます。

例えば、パンくずリストを表示することでTOP○○>△△」というような感じで、TOPからどのカテゴリーにある記事かを分かりやすくなります。

パンくずリストに設定しているサイトのページがキーワードにもなりますのでSEO効果もありますし、訪問者にとっても利用しやすくなりますので、是非パンくずリストを設定していない方に特におすすめしたいプラグインです。

これから「Breadcrumb NavXT」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Breadcrumb NavXTのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Breadcrumb NavXTと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとBreadcrumb NavXTを使うことができます。

Breadcrumb NavXTの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせBreadcrumb NavXTをクリックします。

①はデフォルトで、「>」と表示されます。ここに関してはお好みで設定してください。

②は見ているページにリンクを付けます。どこを見ているのか分からなくなってしまうことを想定すると、チェックしない方がいいです。

赤線ところは、ウェブページのタイトルが表示されます。

タイトルが長いと見栄えが悪くなるので、「トップ」「ホーム」「トップページ」などにした方がいいです。

日本語で入力しても問題ありません。

お好みで設定してください。

入力したら【変更を保存】をクリックします。

タクソノミーはカスタム投稿ページがある場合ですが、設定する必要はありません。

このままだと、パンくずリストが表示されないので、コードを入力します。

コードはパンくずリストを表示させたいページに入力します。

今回はヘッダーに表示させます。

ダッシュボード画面の左メニューの【外観】にマウスカーソルを合わせ【テーマの編集】をクリックします。

<div class="breadcrumbs" vocab="http://schema.org/" typeof="BreadcrumbList">

<?php if(function_exists('bcn_display'))

{

bcn_display();

}?>

</div>

このタグを入力します。

テーマヘッダーに入力しました。

テーマによりますが最初の方がいい場合もあります。

入力したら【ファイルを更新】をクリックします。

ウィジェットに挿入できますので、試してみてください。

実際にウェブサイトを表示させました。

ヘッダーとウィジェットにパンくずリストを表示できます。

以上、「Breadcrumb NavXT」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Breadcrumb NavXT」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Breadcrumb NavXTは、ワードプレスで作られたサイトに「パンくずリスト」をつけることができます。

テーマによってはパンくずリストがテーマ自体で設定できるものもありますが、ない場合パンくずリストはSEOやユーザビリティの観点からも設定した方が良いです。

パンくずリストがあることで、サイトのコンテンツが増えてもページが分かりやすくなりますので是非設定してみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク