スポンサーリンク

BackWPupとは

このプラグインは、ワードプレスでのウェブページを自動でバックアップしてくれるものです。

万が一ミスをしたり、トラブルなどでトップページなどが大きく崩れたりしたときに役に立ちます。

また、サーバーを移転する時にも役に立ちます。

無料版でも非常に優秀ですので、ぜひともインストールして活用してください。

BackWPupのインストールについて

BackWPupのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

プラグインの検索】という所があります。ここに、「BackWPup」と入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

これでBackWPupを使うことができます。

BackWPupの設定について

ダッシュボード画面のBackWPupにマウスカーソルを合わせ、【新規ジョブを追加】をクリックします。

新規ジョブ追加について

ジョブ名とジョブタスクについて

【一般】タブをクリックしてください。

【ジョブ名】は、バックアップするファイルの名前を入力します。

こちらでは特に変更していませんが、分かりやすい名前にするのが一番良いです。

【ジョブタスク】は、保存したいデータをクリックしてチェックを入れます。

全てチェックしたい方もいらっしゃるでしょうし、ファイルだけで良いという方もいらっしゃいますので、お好みで入れてください。

今回はデフォルトの設定で行うことにしました。

バックアップファイルの作成について

【アーカイブ名】はファイル名を指定しますが、何も変えずにこのままにした方が良いです。

【アーカイブ形式】では、ZipTar GZipがあります。

OSWindowsの場合は、Zipをクリックしてチェックを入れてください。

MacOSの場合はTar GZipをクリックしてチェックしてください。

それより下の項目はそのままで良いです。最後に【変更を保存】をクリックして完了です。

スケジュールについて

【スケジュール】タブをクリックしてください。

【ジョブスジュール】は、赤丸のところがベストです。ここだと、自動でバックアップできるよになるからです。

【スケジュールタイプ】は、デフォルトの基本で良いです。

【スケジューラ】は、毎週で十分です。

こちらは好みの問題でもありますが、あまり頻度が高いと保存される量が増えるからです。

【変更を保存】をクリックして完了です。

DBバックアップ・ファイル・プラグイン》のタブは、デフォルトのままです。

宛先:フォルダーについて

【バックアップを格納するファイル】は、赤枠で囲いました。

このファイル名です。

ここでは変更していませんが、忘れにくく分かりやすい名前に変更した方が良いでしょう。

【ファイルを削除】は、フォルダーの中の古いデータを削除します。

数字は、この場合だと15個たまったら削除する設定になっています。

こちらはお好みで変更してください。

設定が終わったら【変更を保存】をクリックして完了してください。

では、実行してみましょう。

【今すぐ実行】をクリックしてください。

バックアップが完了したら、左メニューのBackWPupの下にある【バックアップ】をクリックします。

こちらからダウンロードします。

ダウンロードするときには、どこのフォルダーにするか確認してください。

実際にダウロードすると以下のように出ます。

以上、BackWPupのインストール方法と設定の説明となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「BackWPup」のインストール方法や設定方法について解説しました。

このプラグインを使用する事で無料で簡単にワードプレスのバックアップを取ることができますので、ぜひ設定してみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク