ワードプレスでオリジナルのアバターを設定することができるプラグイン「Avatar Manager」




The following two tabs change content below.

山田ゆうすけ@WEBマーケター

本職は広告代理店で広告やマーケティングの仕事をしているWEBマーケター。阪神ファンでガンバ大阪が好きな典型的な関西人。数年前までITスキルがほぼ0だったが、そこからWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを目指す方にはまずはITスキルを学ぶことを推奨している。

Avatar Managerとは

Avatar Manage」は、ワードプレスでオリジナルのアバターを設定することができるプラグインです。

このアバターの画像ファイルはサーバーで管理されます。

このプラグインを使用することで、デフォルトでインストールされている「Gravatar」を利用しなくてもいいというメリットがあります。(Gravatarは登録して設定します)

設定が面倒だとか、複数の方々と一緒にウェブサイトを作る場合に設定が面倒だと思うかもしれませんが、アバター設定をもっと簡単にしてみたいという方に、おすすめできるプラグインです。

これから「Avatar Manager」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Avatar Managerのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Avatar Managerと入力して ください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとAvatar Managerを使うことができます。

Avatar Managerの設定について

ダッシュボード画面の左メニューの【設定】にマウスカーソルを合わせ【ディスカッション】をクリックします。

ディスカッションの設定の画面下に【アバター】の設定があります。

【アバターの表示】をクリックしチェックを入れてください。

またAnyone can uploadにもクリックしチェックを入れてください。

チェックしたら、【変更を保存】をクリックします。

ダッシュボード画面の左メニューの【ユーザー】にマウスカーソルを合わせ【ユーザー一覧】をクリックします。

ユーザー一覧でアバターを付けたいメンバーをクリックします。

プロフィール画面が表示されます。

画面の下へ進むと、アカウント管理というところがあります。

  • ①はPCにある画像ファイルをアップロードするところです。【ファイルを選択】をクリックし、アバターとして使いたい画像ファイルを選択し、uploadをクリックします。
  • ②はメディアにある画像ファイルをアバターに使うようにします。クリックし選択してください。

①の場合にはuploadをクリックし、②の場合にはメディアから画像ファイルを選択すると、以下のような画面が表示されます。

アップロードされました。

【プロフィールを更新】をクリックします。

これで設定は終わりです。

複数の人の場合には大変ですが、プラグイン1つで管理できるのがいいところです。

このアバターはコメントなどで表示されます。

以上、「Avatar Manager」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Avatar Manager」のインストール方法や設定方法について解説しました。

Avatar Manager」は特にメディアサイトなど大人数で記事を書く場合に有効です。

以前と比べ、「何を言うか」よりも「誰が言っているのか」が重要だと言われています。

ぜひ、アバター画像にもこだわって他のサイト運営者と差をつけていきましょう!

スポンサーリンク





あなたの”学び”につながったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本職は広告代理店で広告やマーケティングの仕事をしているWEBマーケター。阪神ファンでガンバ大阪が好きな典型的な関西人。数年前までITスキルがほぼ0だったが、そこからWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを目指す方にはまずはITスキルを学ぶことを推奨している。