スポンサーリンク

Autoptimizeとは

このプラグインは、ワードプレスで作ったサイトの表示を速くしてくれるものです。

速くすることによって、サイトから離れていくユーザーを減らす効果があります。

厳密に言うと、HTMLJavaScriptCSSの縮小や最適化を行うことで表示スピードが上がります。

ただし、注意が必要なのは、テーマにより表示された画面が崩れることがあります。

よくあるのが、メニューのところの固定ページを親と子の関係にしている場合です。

メニューにマウスカーソルを合わせると他のページが出てくる場合には、HTMLだけ設定した方が良いです。

これから「Autoptimize」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

Autoptimizeのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、Autoptimizeと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとAutoptimizeを使うことができます。

Autoptimizeの設定について

ダッシュボード画面の左メニュー【設定】にマウスカーソルを合わせAutoptimizeをクリックします。

上からクリックしてチェックを入れても良いのですが、赤枠の【高度な設定を表示】をクリックします。

HTMLJavaScriptの最適化の設定をします。

デフォルトでいいですが、赤丸にチェックしてください。

画像通りにチェックが入っていない場合には、クリックしてチェックを入れてください。

CSSはデフォルトでチェックが入っています。

赤丸にチェックが入っていない場合には、クリックしてチェックしてください。

その他の項目は、デフォルトのままでいいです。

設定が終わったら、赤枠の変更を保存してキャッシュを削除をクリックして終わります。

以上、「Autoptimize」の解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Autoptimize」のインストール方法や設定方法について解説しました。

このプラグインは、HTMLJavaScriptCSSの縮小や最適化を行うことでサイトの表示を速くしてくれますので、サイトの表示が遅いとお悩みの方はぜひ設定してみてください!

※ただし、プラグインのバージョンアップなどをうかつに行うと、エラーが起こる可能性もありますので、プラグインのバージョンアップを行う際はくれぐれもご注意くださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク