スポンサードサーチ

All in One SEO Packとは

このプラグインは、ワードプレスで作ったウェブページの記事投稿・メディア挿入など、全てのコンテンツに対しSEO対策を施すプラグインです。

All in One SEO Pack」は、WordPress の集客を成功させるために欠かすことのできない

  • SEO のメタ要素の設定
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げる OGP の設定
  • クローラーの巡回を促す XML Sitemap の設定

上記の設定をこのプラグイン一つで設定することができます。

これから「All in One SEO Pack」の効果的な設定方法と使い方をご紹介します。

All in One SEO Packのインストールについて

All in One SEO Packのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が出てきますので、クリックします。

プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

プラグインの検索】という所があります。

ここに、All in One SEO Packと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックします。

この状態は、インストールしただけで、機能を使っていることにはならないため、【有効化】をクリックします。

有効化をクリックすればAll in One SEO Packを使うことができます。

All in One SEO Packの設定について

一般設定について

ダッシュボード画面を表示します。

左メニューにAll in One SEOという項目ができています。

ここにマウスカーソルを合わせると、【一般設定】という項目がでてきますので、クリックします。

【?マーク】をクリックすると説明が出てきます。

設定した方が良いところは、以下の所です。

  • Canonical URL:重複する内容だと検索サイトが判断します。ペナルティを受けるのでチェックします。
  • ページネイションをCanonical URLsにしない:検索サイトで書いた記事がバラバラに表示されるのを防ぎます。

こちらは、重複した内容だと判定されないためチェックしておいたほうが良いです。

Schema,orgマークアップを使用:サイトの内容を解析し、検索サイトに出力します。

その結果、検索サイトで分かりやすくヒットしますので、チェックします。

ホームページ設定について

こちらは、ホームページの設定を行います。

  • ホームページタイトル:ホームページの名前を入力します。
  • ホームディスクリプション:ホームページの説明を入力します。
  • 代わりに固定布団とページを利用する:固定フロントページのキーワードなどの設定です。

上記2つを設定しているため、設定の必要はありません。

タイトル設定について

記事のタイトルの変更ができます。検索サイトがタイトルを調整してくれますので【無効】をチェックします。

無効を選択するとタイトル設定画面が小さくなります。

カスタム投稿タイプ設定について

投稿記事と固定ページを除くカスタマイズした記事を投稿する場合に使います。

最初はデフォルトでも良いと思いますが、将来ウェブページをカスタマイズしたいことも出てくると思いますので、詳細設定を有効化の所を【有効】にしておいた方が良いです。

表示設定について

こちらの設定は、デフォルトで問題ありません。

ウェブマスター認証について

GoogleサーチコンソールBingウェブマスターツールPinterestサイトを埋め込むときにタグが表示されます。

そのタグを入力します。登録していないサイトがあれば記入する必要はありません。

Google設定について

こちらは、Googleに登録しているコンテンツの連携の設定を行います。

  • Google+デフォルトプロフィールGoogle+のアカウントを持っていた場合、アカウントのURLを登録するとGoogle+と連携ができます。
  • Google+プロフィールを無効化Google+のプロフィールを表示させたくない場合には、チェックを入れてください。
  • GoogleアナリティックIDGoogle Analyticsの登録を行い、IDを入れるとアクセス解析ができます。

Noindex設定について

検索サイトで検索されないようにします。

チェックをしなくても良いのですが、カテゴリー・タグ・日別アーカイブ・投稿者アーカイブ・検索ページを検索結果として出てしまい、記事や固定ページと同列に評価されます。

その結果、記事や固定ページが重要だと評価されにくくなってしまいます。

記事や固定ページを検索エンジンで評価してもらうために、チェックを入れた方が良いと思います。

詳細設定について

重要だと思う2点をチェックします。

  • ディスクリプションの自動生成:投稿記事全部そして一部抜き取られた文章などをタグとして自動で作ってくれます。
  • ページ区切り付きページの説明を削除:検索結果で表示されるアーカイブ記事など、トップページに表示されない記事のタグを削除します。

これをチェックすることにより、最新記事を目立たせることができます。全て重要な記事であればチェックする必要はありません。

キーワード設定について

こちらは、タグやカテゴリーなどのキーワードをタグに自動で作ってくれる機能です。

デフォルトで問題ありません。

この段階で【設定を更新】をクリックしてください。これで完了です。

機能管理について

ダッシュボード画面からAll in One SEOにマウスカーソルを合わせると、【機能管理】という項目が出てきますのでクリックします。

機能管理画面が表示されます。

重要項目を抜粋しご説明いたします。

XMLサイトマップについて

XMLサイトマップのActiveをクリックします。

するとダッシュボード画面の左メニューにXMLサイトマップ】と表示されます。

こちらをクリックします。

XMLサイトマップは、検索サイトにどのようなページがあるかを教えるための機能です。

検索サイトにウェブページの内容をお知らせしたい時にチェックを入れます。

投稿・固定ページ・カテゴリーはチェックした方が良いです。

また、下3つはチェックしておいた方が良いです。

追加ページ・除外項目・優先順位・頻度について

こちらは、デフォルトにしておいた方が良いです。

ここで、【サイトマップの更新】をクリックして終了です。

ソーシャルメディアについて

TwitterFacebookなどとウェブページを連携させるための機能です。

Activeをクリックします。

するとダッシュボード画面の左メニューに【ソーシャルメディア】と表示されます。

こちらをクリックします。

ホームページ設定について

AIOSEOTitleDescriptionを使用する】をクリックしてください。

画面が変わると思います。

TwitterFacebookでシェアされたときに表示する画像の設定です。

サイト名を入力してください。

ホーム画像はシェアされた時の画像を選択します。

メディアに保存されます。

そのメディアで選択するとURLが出てきます。

画像設定について

SNSでシェアされた時に出力する画像の設定です。

記事などに画像を入れていない記事などがあった場合、デフォルトで画像を出力するためにチェックを入れてください。

また、画像を選んでください。

ソーシャルプロフィールリンクについて

ソーシャルプロフィールリンクには、SNSURLを入力します。

SNSごとに1行ごとに入力してください。

個人か団体かをチェックし、名前を入力します。

Facebook設定について

FacebookIDFacebookのアプリのIDFacebookのプロフィールURLを入力します。

【記事に著者を表示】のところは、クリックをしてチェックをします。

これを行うことにより、Facebookで拡散できるようになります。

Twitter設定について

Twitter設定は、Twitter@マークから始まるIDを入力をします。

【投稿者を表示】は、クリックをしてチェックしてください。

ドメインは、http://以降のウェブサイトのURLを入力してください。

詳細設定について

こちらはデフォルトのままで良いです。

記事投稿について

新規の記事投稿するときに、以下のような画面が出ます。

メイン設定について

タイトルは、記事投稿と同じようにしたい場合には入力しなくてもいいです。

記事の内容説明は、なるべく短くコンパクトにまとめた方が良いです。

ソーシャル設定について

記事のタイトルそして、記事の内容を入力します。TwitterFacebookでシェアされた時の表示される画像の選択をします。

【設定を更新】をクリックして終了です。

以上が、All In One SEO Packのインストール・設定・投稿時の説明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「All in One SEO Pack」の効果的な設定方法と使い方をご紹介しました。

All in One SEO Pack」は、WordPress の集客を成功させるために欠かすことのできない

  • SEO のメタ要素の設定
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げる OGP の設定
  • クローラーの巡回を促す XML Sitemap の設定

上記の設定をこのプラグイン一つで設定することができますので、ぜひ設定してみてください!

スポンサードサーチ
関連キーワード
WordPress, プラグインの関連記事
  • 【プラグインの取説】初心者ためのワードプレスで人気のプラグインを徹底解説!
  • ワードプレスで作られたサイトの検索結果データをCSVで保存できるプラグイン「Search Meter」
  • 画面上部にスクロールして戻ることができるボタンを設置できるプラグイン「jQuery Smooth Scroll」
  • 解説用のソースコードを綺麗に表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」
  • ワードプレスで作られたサイトの表示や設定、外観をカスタマイズすることができるプラグイン「WP Total Hacks」
  • ワードプレスで作られたサイトを色々な場所にバックアップすることができるプラグイン「UpdraftPlus」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事