GoogleアナリティクスのタグをGoogleタグマネージャーに追加する方法【初心者向け】




Googleアナリティクスにログインする

GoogleアナリティクスのURLは下記の通りです。

http://accounts.google.com

ログイン画面が表示されるので、パスワードを入力してログインしてください。

ログイン後、左メニューの管理をクリックします。

右側に「プロパティ設定」が表示されますので、クリックします。

トラッキングIDが表示されます。

このページはそのままにしておきます。

ウェブブラウザのタブを追加してください。

次はGoogleタグマネージャです。

Googleタグマネージャにログインする

GoogleタグマネージャのURLは下記の通りです。

https://tagmanager.google.com/

すでにGoogleアカウントにログインしていますので、タグマネージャの画面がすぐ表示されます。

コンテナ名をクリックします。

新しいタグを追加をクリックします。

右からスライドして画面が表示されます。

タグの名前は最初は「名前のないタグ」と表示されています。

名前をつけます。お好みで設定してください。

タグの設定の右上の赤枠にペンのマークがありますので、クリックします。

右からスライドして画面が表示されます。

ユニバーサル アナリティクス」をクリックします。

赤丸の「このタグでオーバーライド設定を有効にする」をクリックします。

このオーバーライドとは、上書きという意味です。

今後設定を変えたりする場合には、1カ所だけ変えるだけなので簡単です。

ぜひチェックを入れてください。

赤枠の「トラッキングID」を入力します。

最初に開いたGoogleアナリティクスのトラッキングIDをコピーして貼り付けます。

次に、トリガーの設定をします。

トリガーは、「引き金」という意味があります。

ここでは、ウェブサイトのページを閲覧したときに、Googleアナリティクスのタグを送信するという作業をするための設定です。

赤枠のペンのマークをクリックします。

トリガーの選択の画面が表示されます。

赤枠の「All Pages」をクリックします。

ウェブサイトのどのページでも解析ができます。

タグの名前を確認し、「保存」をクリックします。

Googleタグマネージャーでの動作確認

送信」をクリックします。

バージョン名を入力します。お好みで設定してください。

画面右上の赤枠の「公開」をクリックします。

ウェブサイトを表示させ、Googleアナリティクスのリアルタイムを見ます。

きちんとGoogleアナリティクスのタグが送信されました。

公開をした後に、Googleアナリティクスの確認をするようにしてください。

これでGoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスの連携は完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「GoogleアナリティクスのタグをGoogleタグマネージャーに追加する方法」について解説しました。

Googleタグマネージャーはタグの管理だけしかできないので、アクセス解析などの各種データを参照したい場合は、Googleアナリティクスと連携させる必要があります。

同じGoogle同士のサービスなので親和性も高く、色々な使い方ができますので、Googleタグマネージャーを運用している場合は、ぜひGoogleアナリティクスとも連携させておいてくださいね!

スポンサーリンク





あなたの”学び”につながったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

普段はIT企業でメディア運営やセミナー講師の仕事をしている"コーディングもできるWEBマーケター"。アラサーで2児の父。基本的になんでも自分でやりたい人。2015年3月までITスキルがほぼ0だったが、そこから自身がWEBデザインやプログラミングなどITスキルを学び、結果手取り月収が10万円以上アップした経験から、スキルアップを考えている方にはまずはITスキルを勉強することを強く推奨している。