スポンサーリンク

a3 Lazy Loadとは

このプラグインは、ワードプレスでレンダリングをブロックを解除してくれるものです。

このレンダリングとは、データからプログラムを用いて画像や映像を出力することを指します。

この画像や映像の邪魔をしてくることを「レンダリングをブロックする」と言います。

通常は画像やYouTube動画などの表示を全て読み込みますので、非常にサイトに負荷がかかります。

しかし、a3 Lazy Load」を設定すると、この画像や動画の読み込みを遅らせることができるので負荷を減らすことができます。

運用しているサイトに画像や動画などが多くあり、表示が遅いという方はぜひインストールしてください。

これからa3 Lazy Loadのインストール方法や設定方法について解説していきます。

a3 Lazy Loadのインストール方法

ダッシュボードの画面を開いてください。

左メニューの【プラグイン】にマウスカーソルを合わせてください。

【新規追加】という項目が表示されます。

クリックすると、プラグインを追加の画面が出てきます。

画面の右上をご覧ください。

【プラグインの検索】という所があります。

ここに、a3 Lazy Loadと入力してください。

入力すると自動で検索して表示します。

【今すぐインストール】をクリックし、【有効化】をクリックします。

クリックするとa3 Lazy Loadを使うことができます。

a3 Lazy Loadの設定について

有効化すると次のような画面が表示されます。

このままでもいいのですが、1つだけ設定します。

画像が何pxで読み込むかという設定です。

程よい感じだと400pxです。

入力したら、Save Changesをクリックします。

a3 Lazy Loadの効果について

実際にどのくらいの効果があるのか試験をします。

Gooleの速度計測サイト「PageSpeed Insights」で計測できます。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

2.66MBの画像ファイルを4つ表示させ、少しサイトの表示を遅くさせました。

結果は以下の通りです。

この数字はプラグインをインストールしていない場合です。

この数字を基準にします。

小さな努力の積み重ねですが、少しだけスコアが上がっているのがお分かりいただけると思います。

サーバーが高速サーバーであれば、このくらいの数字です。

画像をもっと多くすると差が出やすくなります。

以上、a3 Lazy Loadの解説となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はa3 Lazy Load」のインストール方法や設定方法について解説していきます。

画像の多いメディアサイトなどの場合、どうしても全部読む込んでしまうとサイトの表示が重くなります。

サイトが重くなるとサイトから離脱率が高くなってしまいますので、画像を多く使用されているようなサイトの場合は、ぜひこのプラグインを設定して少しでもサイトの読み込みを速くしましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローおねがいします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク